@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ヌマスギ

世界大百科事典 第2版

ぬますぎ【ヌマスギ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ヌマスギ
ぬますぎ / 沼杉
bald cypress
[学] Taxodium distichum (L.) Rich.

スギ科(分子系統に基づく分類:ヒノキ科)の落葉高木。ラクウショウ(落羽松)ともいう。根は、水中や湿地に生えるものは特有の根張りをなし、タケノコのような気根を地中から直立させる。大きいものは高さ45メートル、径4メートルに達する。樹皮は灰褐色。葉は線形で枝の両側に羽状に並び、秋には褐色に色づき、枝とともに落下する。雌雄同株。開花は4月。球果は小枝の先端につき、球形または楕円(だえん)状球形で長さ2~3センチメートル、10月ころ暗褐色に熟す。種子はやや大形のくさび形。北アメリカ南部諸州からメキシコに分布し、とくにミシシッピ川流域の沼地、湿地などに多く生える。日本には明治初期に渡来し、各地の湿気の多い公園、庭園、社寺境内などに植栽される。材は軽軟で地中、水中での耐久性が強く、屋根板、杭(くい)、枕木(まくらぎ)、温室材料などに使われる。

[林 弥栄 2018年6月19日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヌマスギ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヌマスギの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation