@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ヌマ・ポンピリウス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ヌマ・ポンピリウス
Numa Pompilius
前8~7世紀の伝説的なローマ第2代の王 (伝説によれば在位前 715~673) 。実在したことは確実だがその業績の多くは後世から彼1人に帰せられたにすぎない。サビニ人で,ロムルス (→ロムルスとレムス ) 以後の中間王 (インテルレックス ) の時代を経て即位。さまざまのローマの宗教儀式の創設者とされる。を改革して 12ヵ月とし,祭典日,仕事日を定めた。ヤヌス神殿を建て,ユピテル,マルスなどの神官団をおき,ウェスタ女神の巫女団を組織した。また最高神官も彼によって創設されたという。これら宗教制度の決定は女神エゲリアに示唆されたとの伝説もある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヌマ・ポンピリウス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヌマ・ポンピリウスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation