@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ヌメリイグチ【ぬめりいぐち】

世界大百科事典 第2版

ぬめりいぐち【ヌメリイグチ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ヌメリイグチ
ぬめりいぐち / 滑猪口
[学]Suillus luteus (Fr.) S. F. Gray
担子菌類、マツタケ目アミタケ科の食用キノコ。夏から秋、マツ林の地上に群生し、マツの根に菌根をつくる。傘はまんじゅう形で、径10センチメートル前後。表面は暗赤褐色ないし黄褐色のはがれやすい表皮で覆われ、強い粘液を帯びる。肉は厚くて軟らかく、淡黄色。傘の下側には無数の管孔(くだあな)が並び、色は初め黄色で、のち黄褐色になる。この管孔は肉から離れやすい。また傘の下面は初め薄い膜で覆われ、傘が開くと膜はつばとなって茎に残るが、やがて消失する。茎は円柱状、表面は白っぽく、その上に暗色の細かいつぶつぶを帯びる。世界中に広く分布する。食べるときは、普通、傘の表皮と管孔とははぎ取る。肉は麩(ふ)のように軟らかい。[今関六也]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヌメリイグチ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヌメリイグチの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation