@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ヌルスルタン【ぬるするたん】

知恵蔵mini

ヌルスルタン
カザフスタン共和国の首都。同国北部にあるアクモラ州州都で、イシム川右岸に位置する鉄道交通の要衝。ロシア帝国の支配下にあった1824年に要塞都市アクモリンスクとして誕生し、61年からはツェリノグラードと称された。その後、1991年のカザフスタン共和国独立を機にアクモラ改称。都市設計を日本の建築家・黒川紀章が担当した。97年にアルマティから首都を移され、翌年カザフ語で「首都」を意味するアスタナに改称。2019年、同国の初代大統領であるヌルスルタン・ナザルバエフの名を冠した現名称に変更された。
(2019-3-26)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Publications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ヌルスルタン(Nursultan/Нұрсұлтан)
カザフスタン共和国の首都。19世紀にロシア帝国がアクモリンスクとして建設。ソ連時代にツェリノグラードに、カザフスタンが独立した1991年にアクモラに改称。1997年12月、同国最大の都市アルマトイから遷都され翌年アスタナに改称。2019年、独立以来大統領を務めたナザルバエフの辞任後、そのファーストネームから現名称に改称した。人口、行政区101万(2017)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ヌルスルタン
Nursultan
カザフスタンの首都。旧称アスタナ Astana。同国中北部,イシム川上流部に臨む工業中心地で,農業機械,鉄道車両修理,食品(製粉食肉,油脂,ビール)などの工場が立地する。1824年ロシアの軍事拠点として建設され,アクモリンスク Akmolinskと呼ばれたが,1950年代後半から推進された開拓政策によって周辺の開拓地の中心となり,1961年から 1992年までは「未開拓の都市」という意味のツェリノグラード Tselinogradと呼ばれた。1992年アクモラ Aqmolaに改称。1997年アルマトイから遷都されたが,アクモラがカザフ語で「白い墓」という意であることから,1998年「首都」を意味するアスタナに改称された。2019年ヌルスルタン・ナザルバエフ前大統領の名にちなみ現名称に改称。建築家の黒川紀章が都市計画を手がけたことで知られる。教育,医科,農業,建築の各大学,歴史郷土博物館がある。鉄道の要地で,ペトロパブロフスクカラガンダを結ぶカザフスタン鉄道と,パブロダールとロシアのマグニトゴルスクを結ぶ南シベリア鉄道が交差している。人口 103万2475(2018推計)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ヌルスルタン
ぬるするたん
Нур-Султан/Nur-Sultan

中央アジア、カザフスタン共和国の首都。特別都市。イシム川上流部右岸に位置する。人口31万9318(1999年。当時の名称はアスタナ)。トランスカザフスタン鉄道と南シベリア鉄道の分岐点。おもな工業は精肉、製粉、油脂などの農畜産物加工業と、農業機械や建設資材の製造業である。旧ソ連における農業プロジェクト「処女地開拓」の全国運動開始後の1960年に、好適地として多数が入植した。北カザフスタンの農業開拓の中心都市として期待されたことから、それまでの町の名称アクモリンスクАкмолинск/Akmolinskにかわって、1961年に「処女地の町」を意味するツェリノグラードЦелиноград/Tselinogradに改められた。1991年のソ連解体後アクモラАкмола/Akmola,Aqmolaと改称、1997年にカザフスタン共和国の首都となり、翌1998年「首都」を意味するアスタナに改称。さらに2019年3月に大統領トカエフKassym-Jomart Tokayev(1953― )により、前大統領ナザルバエフの名前に由来するヌルスルタンに変更された。

[山下脩二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヌルスルタン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヌルスルタンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation