@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ネオレアリズモ

デジタル大辞泉

ネオレアリズモ(〈イタリア〉neorealismo)
《「ネオリアリズモ」とも》第二次大戦直後に現れたイタリア映画の新しい傾向。現実を客観的に凝視し、ドキュメンタリー風に描写した。ロッセリーニ無防備都市」「戦火のかなた」、デ=シーカ「自転車泥棒」など。新現実主義。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ネオレアリズモ【neorealismo[イタリア]】

【文学】
 字義通りには〈新しいリアリズム〉を意味するイタリア語で,文学史的にはふつう,反ファシズム闘争を題材にした第2次大戦後のイタリア文学を総称していう。ただし,ファシズム政権に不従順な小説を発表したことからモラビアの《無関心な人びと》(1929)に,また,労働者の反権力意識の目ざめを描いたことからベルナーリCarlo Bernari(1909‐92)の《三人の工員》(1934)に,ネオレアリズモの起源を求めようとする批評家もいる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ネオレアリズモ【neorealismo】
第二次大戦直後のイタリアで顕著にあらわれたイデオロギー的色彩の濃い、一九世紀的リアリズム変革の文芸思潮。民衆を表現の主体に据え、多くレジスタンスや労働争議を主題とする。文学ではパベーゼ・ビットリーニ、絵画ではグットゥーゾなどが代表者。
第二次大戦後のイタリア映画における現実描写法と、その作品群に対する呼称。現実社会を客観的態度でドキュメンタリー風に描く。ロッセリーニ「無防備都市」、デ=シーカ「自転車泥棒」など。新現実主義。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ネオレアリズモ
ねおれありずも
Neorealismo
1940年代から1950年代末にかけてイタリア文学・映画において支配的であった潮流、傾向を示すことば。字義的には「新しいリアリズム」の意。レジスタンス=解放戦争によってファシズムを倒し、君主制を廃止して共和国として生まれ変わったイタリアの「新しい現実」の芸術的表現がネオレアリズモであった。[古賀弘人]

文学

作品、文学活動を現実の社会との緊張関係においてとらえ、文学の果たすべき役割、作家の負う責務を鋭く問うたことが最大の特徴であった。各地方、とりわけ、貧しい南部イタリアの問題を真正面から取り上げた小説が数多く生まれたこと、方言の多用といった言語面の変革も見逃すことはできない。ファシズム下の窒息した文学状況にあってネオレアリズモの土壌となったのは、イタリア固有のリアリズムであったベルガの「ベリズモ」と、パベーゼやビットリーニらが翻訳、紹介に力を尽くした新興のアメリカ文学の活力であった。
 具体的な作品としては、ネオレアリズモの先駆と目されるパベーゼの『故郷』とビットリーニの『シチリアでの対話』(ともに1941年刊)のほか、レービの『キリストはエボリにとどまりぬ』(1945)、カルビーノ『蜘蛛(くも)の巣の小道』(1947)、プラトリーニ『貧しい恋人たち』(1947)、『メテッロ』(1955)、ヨービネ『秘蹟(ひせき)の地』(1950)、フェノッリオ『アルバ市の23日間』(1952)などがあり、後続のカッソーラ、バッサーニ、パゾリーニらの初期作品も含まれる。詩ではクアジーモドの一連の抵抗詩、雑誌では『ポリテクニコ』(1945~1947)、叢書(そうしょ)では「ジェットーニ」叢書(1951~1958)の功績が大であり、最後に、狭義の文学作品ではないが、イタリア・ネオレアリズモの精神のありかを喚起するものとして、抵抗運動の刑死者の残した書簡を集めた『イタリア抵抗運動の遺書』とグラムシの『獄中ノート』の重要性はいかに強調してもしすぎることはない。[古賀弘人]

映画

一方、第二次世界大戦末期から大戦後にかけてイタリアに新しい傾向の映画が生まれ、世界各国に新鮮な衝撃を与えた。現実を凝視するカメラが特長となっており、素人俳優の採用やロケーション撮影によるドキュメンタリー的要素が強い画期的な手法で、テーマは社会的なものが多く、強いヒューマニズムで訴えた。これら初期のネオレアリズモ映画の代表的作品に、ロベルト・ロッセリーニの『無防備都市』(1945)、『戦火のかなた』(1946)、ビットリオ・デ・シーカの『靴みがき』(1946)、『自転車泥棒』(1948)、ルキーノ・ビスコンティの『郵便配達は二度ベルを鳴らす』(1942)、『揺れる大地』(1948)、ピエトロ・ジェルミの『無法者の掟(おきて)』(1949)などがあり、デ・シーカの『ウンベルトD』(1952)は、深刻化する老人問題の予見的作品。脚本家で理論家のチェーザレ・ザバッティーニCesare Zavattini(1902―1989)も重要な役割を果たし、ミケランジェロ・アントニオーニ、フェデリコ・フェリーニらもここから育っていった。当時、ハリウッドの大スターであったイングリッド・バーグマンはロッセリーニのもとへ走り『ストロンボリ』(1950)に主演。これらネオレアリズモの映画は、同じ敗戦国の日本人批評家や観客へも感銘を与えて、論壇では「リアリズム」をめぐる議論が活発化した。一方、フランスでは映画批評家アンドレ・バザンがネオレアリズモを高く評価して、ヌーベル・バーグら若い世代に大きな影響を与えた。[岩本憲児]
『今村太平著『イタリア映画――そのネオ・リアリズム』(1953・早川書房) ▽アンドレ・バザン著、小海永二訳『映画とは何か 現実の美学・ネオ=リアリズム』(1973・美術出版社) ▽柳澤一博著『イタリア映画を読む』(2001・フィルムアート社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ネオ‐レアリズモ
〘名〙 (neorealismo) 一九四二年に、イタリアにおこった映画運動。敗戦後の現実をふまえたロッセリーニ、デ=シーカ、ビスコンティなどの社会的な作品を生んだ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ネオレアリズモ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ネオレアリズモの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation