@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ネグリチュード

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ネグリチュード
Négritude
1930年代から,パリに結集したフランス領植民地の黒人エリートたちが起こした文学運動。ネグリチュードという用語は,エメ・セゼールが長詩『帰郷ノート 植民地主義論』Cahier d'un retour au pays natal(1939)で初めて用いた造語であり,黒人的特性と訳せよう。ネグリチュード運動は「アフリカ」「黒」を普遍的シンボルに使い,西欧近代の個人主義,物質・機械文明の疲弊を揶揄・嘲笑し,かわりにアフリカの共同体的過去をうたい,黒人種の美的価値,精神的価値を賛美した。のちにアフリカ独立への文化イデオロギーの支柱の一つとなった。レオポルド・セダール・サンゴール編『ニグロ・マダガスカル新詞華集』(1948)はネグリチュード文学の集成とされる。これにはジャン=ポール・サルトルの序文「黒いオルフェ」が寄せられていることもあり,世界的に注目された。
1930年代のパリでは,アメリカ合衆国のハーレム・ルネサンスと連動しつつ,ジグムント・フロイト,アンドレ・ブルトン,カルル・マルクスなどの思想的系譜をふんだ先鋭雑誌,1930年創刊の『黒人世界レビュー』や 1932年創刊の『正当防衛』,1934年創刊の『黒人学生』が黒人エリートによって出版された。彼らはアフリカ系黒人として共通の根を確認し,植民地主義(同化政策)を徹底的に批判,西欧近代価値との絶縁を宣言した。その背景要因として,第1次世界大戦後,近代ブルジョア民主主義思想(→ブルジョア民主主義)など 19世紀的な価値観が激しい動揺をきたし,哲学,芸術,文学の分野に新しい潮流のシュルレアリスム,行動哲学,不条理哲学(→不条理)などが台頭,マルクス主義ファシズムも根をおろし始めていたことを無視できない。反面,ネグリチュードは「人種的特性」「アフリカ的価値」「共同体的過去」といった抽象観念の神秘化に通じ,芸術家の個性と素材の幅を限定してしまうとされ,独立が現実みを増すにつれてその闘争的基盤を失っていった。特に間接統治の結果,人種差別が温存された英語圏の場合,アフリカ人の自治・独立の獲得こそが至上目標となり,現実の政治的・社会的問題への対処が緊急課題とされた。ネグリチュード批判の代表格はエスキア・ムパシェーレ,デービッド・ルバディリ,ウォーレ・ショインカなど英語圏の作家たちである。(→アフリカ文学

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ネグリチュード(〈フランス〉négritude)
アフリカ黒人の文化の独創性を主張し、それを誇りとする立場サンゴールセゼールらが主張して運動を展開した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ネグリチュード【negritude】
黒人であること,黒人的特性,黒人精神などの訳語があてられる。〈黒人がわれわれの辞書にもたらした数少ない寄与の一つ〉(サルトル)であるが,定義は難しい。いずれにしろ,1930年代のパリでセゼールサンゴールら,フランス領の西インド諸島,アフリカ出身の開化黒人詩人たちが起こした文学運動の思想的・芸術的基盤がこの名で呼ばれる。彼らは,黒人には独特な内的世界,宇宙認識論,芸術創造力,美的感覚などがあるとし,〈アフリカ〉〈ニグロ〉にまつわる過去の汚辱を払拭し,民族的価値の復権,人種の誇りを主張した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ネグリチュード【négritude】
黒人性の意
アフリカの黒人の文化・伝統の独自性を主張し、その価値を積極的に評価しようとする立場。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ネグリチュード
ねぐりちゅーど
ngritudeフランス語
黒人性の。1934年に機関紙『黒人学生』を創刊したレオン・ダマLon Damas(1912―78)、エメ・セゼール、L・S・サンゴールの3人を中心に、1930年代のパリで始まった黒人留学生たちの、「黒人を黒人性(ネグリチュード)の尊厳に目覚めさせ、フランスの植民地同化政策を拒否する」文化運動をネグリチュード運動という。この運動に目覚め結集した黒人のエネルギーは、第二次世界大戦後のアフリカ独立の起爆剤となった。この運動が、1930年代のパリで受け入れられた背景には、第一次世界大戦後に荒地化したヨーロッパの文化状況に対する白人の自信喪失があり、ピカソのようにその代替物を、白人は、黒人文化に求めたのである。
 このような黒人の生命力あふれる美しさ、みずみずしさと、黒人性の光輝を賛美する詩を高らかに謳(うた)い上げた「ネグリチュード派」の詩人に、サンゴール、D・ディオプ、B・ディオプBirago Diop(1906―89)、ウ・タムシTchicaya Tam'si(1913― )、ボランバAntoine-Roger Bolamba(1913― )、ラベマナジャラJacques Rabmanajara(1913― )(以上フランス語圏)、テンレイロFrancisco Jos Tenreiro(1921―63)、リバスOscar Ribas(1909―90)、アンドラーデ(以上ポルトガル語圏)らがいて、現代アフリカ文学の代表的詩人を網羅し、その領域も抵抗詩、解放詩まで含む幅の広さを誇っている。この派の古典的詩集として、セゼールの『祖国復帰ノート』(1939)、テンレイロの『ノメ・サント島』(1942)、サンゴールの『影(望郷)の歌』(1945)、アンソロジーにJ・P・サルトルが献じた序文「黒いオルフェ」で有名なサンゴール編『ニグロ・マダガスカル新詩集』(1948)、テンレイロ、カブラルAmilcar Cabral(1921―73)、ネトAgostinho Neto(1922―79)、アンドラーデ共同編集『ニグロ・ポルトガル語詩ノート』(1953)がある。だが、エスキア・ムパシェーレ、ウオレ・ショインカなど、英語圏アフリカの作家からは、その観念性に対する批判が強い。
 なお「黒人社会の存在とその精髄を世界に顕示し、黒人文化の尊厳とその生活様式の独創性を擁護する」目的で、1947年パリで、サンゴールの協力のもと、A・ディオプAlioune Diop(1910―80)の手で創刊された文化雑誌『プレザンス・アフリケーヌ』が、以後のネグリチュード運動を支えてきた功績は大きい。だがこのネグリチュード運動も、1975年ごろから大きな変化が際だつようになる。同誌はその第100号を記念して、76年から77年にかけて「ニグロ・アフリカ人の文化的アイデンティティ」と題する特集を組み、そのなかで、従来の「外」、白人文化を多分に意識した同化拒否の姿勢から一転して、「内」、黒人文化に目を注ぎ、新しい黒人文明の発掘、すなわち黒人文明のルネサンスを訴えている。つまりネオ・コロニアリズム(新植民地主義)というアフリカの新たな危機的事態と対決し、これを克服するためには、一般民衆が下層の非文字文化の世界で保持してきた伝承の口唱文芸のなかからアフリカ人に固有の活力を汲(く)み出し、それを柱にして、アフリカ人の文化的アイデンティティを再構築し直さなくてはならない、というのである。この路線に沿った作品に、カマラ・ライェの『言葉の主』、D・T・ニアヌDjibril Tamsir Niane(1920?― )の『スンディアタ』、それにマジシ・クネーネの『偉大なる帝王シャカ』などがあり、この主張は、1970年代に南アフリカで起こった黒人意識運動の精神的支えとなったことも、特記してよい。[土屋 哲]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ネグリチュード」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ネグリチュードの関連情報

関連キーワード

斎藤寅次郎清水宏五所平之助マキノ雅広小津安二郎エバハートキューカー島津保次郎スタンバーグ成瀬巳喜男

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation