@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ネッタイシマカ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ネッタイシマカ
Aedes aegypti
双翅目科。体長 4.5mm内外。体は黒色で白色斑をもち,ヒトスジシマカに似るが,胸背に竪琴状の白色斑があるので区別することができる。肢の各関節部に白色部があり,跗節先端も白い。かつて南西諸島,九州の一部,小笠原諸島で記録されたが,現在は定着していない。世界の亜熱帯,熱帯に広く分布する普通種で,黄熱デング熱の媒介昆虫として重要な衛生害虫である。 (→ , ヤブカ )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ねったいしまか【ネッタイシマカ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ネッタイシマカ
ねったいしまか / 熱帯縞蚊
[学] Aedes (Stegomyia) aegypti

昆虫綱双翅(そうし)目糸角亜目カ科に属する昆虫。翅長約3ミリメートル。黒褐色で、中胸背中央に2本の縦条と側方には前方で丸く湾曲する明瞭(めいりょう)な銀白色斑(はん)をもつ。全世界の熱帯に分布し、黄熱、デング熱などの熱帯病を媒介する。幼虫は人家周辺の桶(おけ)、水槽、バケツなどの人工容器の水たまりに多く発生する。日本には琉球(りゅうきゅう)諸島と小笠原(おがさわら)諸島から記録されている。成虫の活動範囲は人家周辺に限られ、家屋伝いに飛び回り、家に侵入して住民から吸血する。27~30℃、湿度70~90%という熱帯条件が本種に好適であり、吸血も気温が21℃以上になる昼間に行われる。1回に50~120卵を、吸血してから5~7日後に産み、卵は3日で孵化(ふか)する。卵は乾燥に耐久力があり、乾燥して半年後でもふたたび水に触れれば孵化が可能である。幼虫発育は27℃で1週間、22℃では2か月くらいかかる。蛹(さなぎ)は2~4日して成虫の羽化となる。

[倉橋 弘]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ネッタイシマカ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ネッタイシマカの関連情報

関連キーワード

雨滴視力頸動脈体マメシジミあられひょう雨氷(うひょう)アズマギクイナズマヨコバイカヤツリグサ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation