@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ネバダ州【ネバダ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ネバダ〔州〕
ネバダ
Nevada
アメリカ合衆国西部の州。州都はカーソンシティー。北はオレゴン,アイダホ,東はユタとアリゾナ,西と南はカリフォルニアの各州に囲まれた内陸の州である。西にシエラネバダ山脈,東にロッキー山系があり,ほとんど全域がグレートベースン (大盆地) に属する。年降水量は 80~500mmで,大部分が内陸流域をなす乾燥地である。 18世紀以後スペイン人宣教師やハドソン湾会社のイギリス人が州内に入った。 1827年 J.スミスの率いるアメリカ探検隊がグレートベースンを調査し,その後も探検家や開拓者が続いた。ゴールド・ラッシュ期には多くの人々がここを通過した。 48年アメリカ合衆国領,50年ユタ准州領の一部,59年バージニアで金・銀鉱が発見されて人口が増加し,61年ネバダ准州として分離したのち,64年第 36番目の州になった。現在でも金,銀,水銀などを産出。農業は灌漑農業と牧畜で,綿花と牧草が主作物。 1960年代から工業化が進み,精錬,食品加工などのほか,機械工業や印刷業なども発達したが,州の経済を支えるのはラスベガス,リーノーなどのカジノで行われる賭博とそれに伴う観光である。 70~90年の 20年間で人口が 2.5倍となり,合衆国最大の人口増加率を示すが,原爆実験場,空軍基地など合衆国政府保有地が州域の 85%を占め,砂漠も広く,人口密度は低い。面積 28万6380km2。人口 270万551(2010)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ネバダ(Nevada)
米国西部の州。州都カーソンシティー。西の州境をシエラネバダ山脈が走る。大規模な放牧や銅などの採掘が盛ん。賭博が公認され、南部にラスベガスがある。→アメリカ合衆国補説

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ネバダ州」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ネバダ州の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation