@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ネブライザー療法(霧滴吸入療法)【ねぶらいざーりょうほうむてききゅうにゅうりょうほう】

家庭医学館

ねぶらいざーりょうほうむてききゅうにゅうりょうほう【ネブライザー療法(霧滴吸入療法)】
 薬液を細かい霧状にして、鼻や口から吸入する治療をネブライザー療法といいます。
 薬液を霧状にするために、ネブライザー(噴霧器)という器具が用いられます。
 霧状(エアロゾル)にした薬液を用いるので、エアロゾル療法、霧滴吸入療法とも呼ばれます。
 薬液は、μm(マイクロメートル)(1μmは1mmの1000分の1)単位にまで細かくすることが必要で、細かい薬液ほどからだの奥までとどきます。
 5~10μmの薬液はのどと気管まで、3~6μmの薬液は副鼻腔(ふくびくう)まで、1~5μmの薬液は気管支肺胞(はいほう)にまでとどきます。
 この治療によく用いられる薬は、抗炎症薬、抗生物質、副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモン、気管支拡張薬(きかんしかくちょうやく)などです。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

ネブライザー療法(霧滴吸入療法)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ネブライザー療法(霧滴吸入療法)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation