@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ネブラスカ州【ネブラスカ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ネブラスカ〔州〕
ネブラスカ
Nebraska
アメリカ合衆国のほぼ中央にある州。州都リンカーン。ミズーリ川が州の東境をなし,州域は西から東に傾斜する小起伏の大平原。自然の植生は大部分がステップで森林は少い。黄土におおわれた 10万 km2をこえる南東部の平野は農業に適し,典型的な農業州を形成。かつてアメリカ野牛の大群がインディアンの狩りの目標となった土地。 1803年のルイジアナ買収によって合衆国に属するようになったが,ほとんど不毛の地とみられ,白人の入植者は少なかった。 54年ネブラスカ准州となり,67年に合衆国 37番目の州となった。 90年代になっても穀物の価格は安く,輸送費がかさんで,農業の発達は遅れた。 20世紀初めにいくらか好転したが,1930年代の大不況で低迷,第2次世界大戦を契機として農牧州として発展した。肉牛,乳牛を中心とした牧畜が盛ん。農業は灌漑または乾燥農法が導入され,トウモロコシ,テンサイ,コムギ,ダイズが主産物。食肉加工,乳製品製造,農業機械などの工業も行われる。主要都市は州都のほかにオマハがある。面積 20万333km2。人口 182万6341(2010)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ネブラスカ(Nebraska)
米国中部の州。州都リンカーンプラット川が貫流し、トウモロコシ栽培など大規模農業が発達。牧畜も盛ん。→アメリカ合衆国補説

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ネブラスカ州」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ネブラスカ州の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation