@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ネプツニウム系列【ネプツニウムけいれつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ネプツニウム系列
ネプツニウムけいれつ
neptunium series
人工放射性核種崩壊系列 (放射性崩壊系列 ) の1つ。超ウラン元素の発見に伴い天然に存在しない質量数 4n+1 ( n は正の整数) の核種の崩壊系列が見出され,この系列中の最長寿命核種がネプツニウム 237 (半減期 2.1×106 年) であることからネプツニウム系列と呼ばれるようになった。系列の最終核種は 83番元素ビスマスの安定同位体ビスマス 209である。α線源として広く利用されるアメリシウム 241はこの系列に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ネプツニウム‐けいれつ【ネプツニウム系列】
放射性元素崩壊系列の一。ネプツニウム237に始まり、ビスマス209に至る。すべて4n+1の質量数をもつので、4n+1系列ともいう。天然には存在しない。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ネプツニウムけいれつ【ネプツニウム系列】
ネプツニウム二三七から始まる天然に存在しない放射性核種の崩壊系列。七回の α 崩壊と四回の β 崩壊を行なって、ビスマス二〇九になる。これに属するすべての核種の質量数は 4n +1 と表されるので、4n +1 系列ともいう。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ネプツニウム系列
ねぷつにうむけいれつ
neptunium series
放射性核種の崩壊系列の一つで、ネプツニウム237に始まり、主経路としてα(アルファ)崩壊9回、β(ベータ)崩壊5回を行ってタリウム205に至る系列をいう。系列中の各核種の質量数はnを整数として4n+1となっている。4n(トリウム系列)、4n+2(ウラン・ラジウム系列)、4n+3(アクチニウム系列)となる他の系列は天然に存在するが、ネプツニウム系列は人工放射性核種からなるものである。なお、2003年にビスマス209が事実上無限大ともいえる半減期1.9×1019年でα崩壊してタリウム205となることが知られる前は、ビスマス209がこの系列の最終核種であるとされていた。[岩本振武]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ネプツニウム‐けいれつ【ネプツニウム系列】
〘名〙 放射性同位元素の崩壊系列の一つ。ネプツニウム二三七に始まり、七回のα(アルファ)崩壊と四回のβ(ベータ)崩壊を行なって安定同位体のビスマス二〇九になる。この系列の同位体の質量は 4n+1 に相当するので 4n+1 系列ともいわれる。天然には存在しない。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ネプツニウム系列
ネプツニウムケイレツ
neptunium series

237Npから出発してα崩壊,β 崩壊を繰り返して安定な209Biに至る崩壊系列.237Npは後にウラン鉱石中に天然の核反応の結果ごく微量に生成していることが判明したが,この系列は人工的に合成された237Npの崩壊生成核種の連鎖として発見された(1947年発表).核崩壊過程が理解された後であるから,系列中の各核種に古典名は存在しない.超ウラン元素合成が進むにつれて,この系列は241Am,245Cmからさらにさかのぼることができるが,半減期がもっとも長い237Npの元素名をとってよばれる.全核種の質量数が4n+1(n:整数)なので4n+1系列ともいう.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ネプツニウム系列」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ネプツニウム系列の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation