@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ネルウァ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ネルウァ
Nerva, Marcus Cocceius
[生]30
[没]98.1.
ローマ皇帝 (在位 96~98) 。五賢帝の一人。2度執政官 (コンスル ) となる。ドミチアヌス帝の暗殺後,その家柄と穏健さを買われて元老院に迎えられ,老齢で即位。先の恐怖政治時代から一転して,追放者を呼戻し,収財産を返却した。元老院と協調し,祭儀を縮小,植民市 (コロニア ) ,道路,水道の建設,貧民への土地,食糧の配分,経済的負担の軽減などの政策を進め,これらは彼の養子とされたトラヤヌス,次いでハドリアヌスらに引継がれた。反乱の首謀者やキリスト教徒に対しても寛大であった。トラヤヌスを養子に定めてから3ヵ月後に急死し,アウグスツス帝の墓地に葬られた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ネルウァ【Marcus Cocceius Nerva】
30ころ‐98
いわゆる五賢帝時代の最初のローマ皇帝。在位96‐98年。同名の法学者の。彼自身法学者としても名高く,2度コンスル(執政官)を務めた。96年9月ドミティアヌス帝暗殺後,元老院に推挙されて皇帝に就任。その在位期間は短かったが,前帝の恐怖政治による混乱と浪費による財政難を克服して,貧農への土地割当て,穀物配給制や水道の整備などを行い,対外関係でもおおむね平和を保ち,続く2世紀のローマ繁栄への道を開いた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ネルウァ
ねるうぁ
Marcus Cocceius Nerva
(30―98)
ローマ皇帝(在位96~98)。五賢帝の最初の皇帝。イタリアのナルニア(現ナルニ)に法学者の子として生まれる。71年、90年の二度にわたりコンスル(執政官)に就任した。恐怖政治を行っていたドミティアヌス帝が96年9月に暗殺されると、66歳という高齢でしかも病気であったにもかかわらず、新皇帝に擁立され、元老院の承認を受けた。貧農を保護するとともに、ローマ市における穀物分配や水道の整備にも配慮した。しかし軍隊の支持を欠き、老齢で子供もなかったので、97年9月に当時上ゲルマニア州総督であった勇将トラヤヌスを養子として後継者に指名し、五賢帝時代の帝位継承法の先例を開いた。翌年1月25日にローマで永眠した。[市川雅俊]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ネルウァ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ネルウァの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation