@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ネーゲリ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ネーゲリ
Nägeli, Karl Wilhelm von
[生]1817.3.27. チューリヒ近郊キルヒベルク
[没]1891.5.10. ミュンヘン
スイスの植物学者。初め L.オーケンに学んだが,植物学を修めるためジュネーブ大学に入って A.P.ド・カンドルに師事。その後,ドイツに戻り,ベルリン大学で哲学を学んだのち,イェナ大学教授 M.シュライデンのもとで植物学の研究を再開。チューリヒ大学私講師,助教授,フライブルク大学教授を経て,ミュンヘン大学教授 (1857) 。シダの造精器や精子を発見し (44) ,植物細胞が細胞壁と原形質の2つの部分より成ることを明らかにする (46) など,細胞学の分野で多数の業績を上げた。また,植物の生長や形態形成において細胞分裂の果す役割に注目し,分裂組織の概念を樹立するなど,植物形態形成学の発展に与えた影響も大きい。細胞に含まれるデンプン粒の形態観察が契機となって,彼はミセルという一種の結晶体の存在を想定し,これが細胞ひいては生物体を構成する単位であると考え,進化,遺伝,発生など,すべての生命現象をミセルに基づいて説明する理論を打立てた。進化の機構に関しては,環境の作用を受けて種が連続的に変化していく可能性を否定し,種の変化は不連続であって,内在的要因のみによると考えた。 G.メンデルから実験結果について批評を求める手紙を受取ったが,その遺伝理論がネーゲリの理論体系と相いれない性質のものであったため,メンデルの研究に意義を認めなかった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ネーゲリ【Karl Wilhelm von Nägeli】
1817~1891 スイスの植物学者。デンプン粒や細胞壁の観察から、生体は結晶性の粒子(ミセル)からなると考え、その集合体(イディオプラスマ)が遺伝や進化に関与するとして、遺伝を担う物質の存在をはじめて主張した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ネーゲリ
ねーげり
Carl Wilhelm von Ngeli
(1817―1891)
スイスの植物学者。初め医学を志したが、チューリヒ大学でオーケンLorenz Oken(1779―1851)の博物学的観念論に反発して植物学に転じ、イエナ大学でシュライデンに師事、植物学の形態形成、細胞分裂、海藻の分類から、デンプン粒、細胞壁の微細構造の研究に進み、ミセル説をたて、その後、ミセル説を一般化・絶対化し、ミセル集合による原始生物の自然発生、ミセルの変化による生物の定向的・自立的進化を信じるに及び、ダーウィンの自然選択説に反対し、生物の種間の類縁関係さえ否定する観念論に陥った。チューリヒ大学、フライブルク大学教授を経て、1858年以降はミュンヘン大学で植物学を講じた。著書に『力学・生理学的進化論』(1883)がある。[佐藤七郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ネーゲリ
(Carl Wilhelm von Nägeli カール=ウィルヘルム=フォン━) スイスの植物学者。生命単位として微小な有機物質ミセルの存在を主張し、ダーウィンの自然淘汰説に反対した。主著「機械論的・生理学的進化論」。(一八一七‐九一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ネーゲリ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ネーゲリの関連情報

関連キーワード

ウェーバーモンローキンダー妙心ユング・シュティリングカラジョルジェ・ペトロビッチ西川扇蔵(2世)宇田川榕菴紀行文学グメーリン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation