@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ノイエ・ザハリヒカイト

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ノイエ・ザハリヒカイト
Neue Sachlichkeit
新即物主義。 1920年代中頃から 30年代初めまで続いたドイツの芸術運動。美術の分野では,1925年マンハイムで最初の展覧会が開かれた。表現主義の主観性,幻想性に対する反動として,対象の克明な写実的,客観的描写を意図する。ファン・アイク兄弟や A.デューラーの硬質な線描法,およびフランスの新古典主義やイタリアの形而上絵画から影響を受けており,戦争の醜悪さや社会の腐敗を辛辣な風刺をこめて描いた O.ディックスや G.グロッスなどの方向と,細密な描写法で写実主義に復帰した G.シュリンプなどの方向とがある。建築や工芸の分野では 20年代の歴史的様式の単なる模倣を放棄し,その合目的性,実用性を追究した動きをいう。文学の領域では,この動きは 25年以来ますます強まり,20世紀初期の時代の現実が,客観的,批判的に描かれた。散文形式 (ルポルタージュ,小説) が最も好まれ,この分野では E.レマルク,H.ケステン,A.ツワイク,A.デーブリン,詩の分野では E.ケストナー,J.リンゲルナッツ戯曲の分野では C.ツックマイアー,B.ブレヒトらの名があげられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

のいえざはりひかいと【ノイエ・ザハリヒカイト】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ノイエ・ザハリヒカイト
のいえざはりひかいと

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノイエ・ザハリヒカイト」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ノイエ・ザハリヒカイトの関連情報

関連キーワード

大恐慌牧野省三戦間期フルハイビジョンフルHDフィッツジェラルドランランアメリカ演劇帰山教正グリフィス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation