@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ノイマン型コンピュータ【ノイマンがたコンピュータ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ノイマン型コンピュータ
ノイマンがたコンピュータ
Neumann Computer
J.vonノイマンが 1947年に初めて提案したコンピュータ構造。それまではプログラムを紙テープで1命令ずつ与えていたが,ノイマンはプログラムもデータと同じようにコンピュータ内部に記憶し,プログラムでプログラムを変更したりできるという概念をつくった。現在の一般のコンピュータはすべてプログラム内蔵のノイマン型コンピュータである。コンピュータアーキテクチュアが進歩し,複雑化するにつれて,従来のような単一の命令の流れでデータを逐次処理していく single instruction single data streamのノイマン型コンピュータの概念をはみ出すものが出てきた。たとえば複数個の演算装置を置き,命令の流れも複数であるような multi-instructions multi-data streamのシステムも出てきた。さらに命令の順序という概念が中心とはならず,データのほうに処理の中心概念の移っていったデータフローコンピュータという概念も提案されている。このように従来のノイマン型のコンピュータの枠をはみ出した構造のコンピュータを非フォンノイマン型コンピュータ non-von Neumann Computerという。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノイマン型コンピュータ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ノイマン型コンピュータの関連情報

関連キーワード

先天性血小板機能異常症von Willebrand病(VWD)官房学派パトチュカ利益法学ヘルダー教会シュラーギントワイト兄弟ドクトル・マブゼジーメンスカザン(Elia Kazan)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation