@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ノイラミニダーゼ

デジタル大辞泉

ノイラミニダーゼ(neuraminidase)
糖鎖の末端に結合したシアル酸を切り離す作用をもつ酵素。微生物・植物・動物の細胞膜の表面に存在する。インフルエンザウイルスでは、ヒトなどの宿主の細胞内で増殖したウイルス粒子が、細胞膜から離脱して別の細胞に感染するのに重要な役割を果たす。タミフルリレンザなどのインフルエンザ治療薬は、ノイラミニダーゼを阻害することでウイルスの増殖を抑える。NA。→ヘマグルチニン

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

のいらみにだーぜ【ノイラミニダーゼ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ノイラミニダーゼ
のいらみにだーぜ
neuraminidase

糖タンパク質や糖脂質などに作用してシアル酸を切り離す酵素である。コレラ菌、ガス壊疽(えそ)菌の培養液やインフルエンザウイルスが強い酵素活性を示す。この酵素は、インフルエンザウイルスによる赤血球凝集反応の研究過程でみいだされ、最初はレセプター破壊酵素とよばれていた。インフルエンザウイルスが赤血球に結合する部位を破壊する酵素という意味である。今日では、コレラ菌の培養液の酵素は結晶化されている。また各種の精製されたノイラミニダーゼは、複合糖質の構造と機能の研究に幅広く役だっている。

[村松 喬]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ノイラミニダーゼ
ノイラミニダーゼ
neuraminidase

EC 3.2.1.18.糖鎖末端のシアル酸を切断除去する酵素で,シアリダーゼ(sialidase)ともいう.ホモ四量体として存在する.インフルエンザウイルス粒子の表面に存在する酵素は,戦略上の武器となっている.[CAS 9001-67-6]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノイラミニダーゼ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ノイラミニダーゼの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation