@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ノエシス・ノエセオス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ノエシス・ノエセオス
noēsis noēseōs
アリストテレスの有名な言葉で,より正確には hē noēsis noēsis noēseōs (その思惟は思惟の思惟) 。理性 nous (思惟するもの) とその思惟の対象 noētonが同一であることを意味し,感覚や表象を介して行われる人間の思惟と区別された「第一の不被動の動者」としての神の「自体的な思惟」の形成をいう。なぜなら完全現実態本性とする神の思惟はみずからが不被動の動者として究極の存在であるゆえに思惟の対象を自分の外にもつことができないからである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノエシス・ノエセオス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ノエシス・ノエセオスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation