@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ノエシス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ノエシス
noesis
ノエマ noemaとともに E.フッサール現象学における術語で,両者は意識の契機として相関的な関係にある。ギリシア語nous,noeinに由来する。フッサールによれば,意識は常になにものかについての意識であり,したがって意識には作用側面と対象的側面があり,前者がノエシス,後者がノエマと呼ばれる。ノエシスは単に志向作用であるばかりではなく,意味を付与する作用でもある。そしてこの作用に対応し,この作用によって構成されたものがノエマである。ノエシスは reell (実有的) であるのに対し,ノエマは ideell (観念的) である。日本では,西田幾多郎の絶対無の思想に取入れられている。 (→志向性 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ノエシス【Noesis[ドイツ]】
ギリシア語のヌース(精神,理性),およびそれと同系のノエイン(思惟する,知覚する,直観する)からの派生語noēsisに由来するフッサールの現象学の術語。フッサール自身,ある個所でノエインを〈直接的に見ること〉と訳し,〈対象を本質的に与える意識としての見ること一般〉は,したがって感性的直観だけでなく,むしろ本質直観が〈あらゆる理性的主張の正当性の究極の源泉〉であると述べている。ここにも現象学の直観主義的性格を認めうるが,しかし彼の場合,直観の能力としての感性と思惟の能力としての悟性は,例えばカントの場合ほど明確な対立関係に置かれておらず,むしろ相互流動的な相対的概念である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ノエシス
〘名〙 (Noesis) フッサールの現象学の用語。意識の作用的側面。意識が志向的対象に意味を与える作用。志向的作用。→ノエマ
※叡智的世界(1928)〈西田幾多郎〉三「自覚的一般者に於て自己自身を直に志向するもの、云はばノエシスの中にノエマを含むものが個人的自覚である」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ノエシス(〈ドイツ〉Noesis)
フッサールの現象学の用語。意識の作用的側面。⇔ノエマ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノエシス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ノエシスの関連情報

関連キーワード

電波天文台ノエマ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation