@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ノコギリカミキリ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ノコギリカミキリ
Prionus insularis
甲虫目カミキリムシ科。針葉樹につくカミキリムシで,幼虫はその材や枯れ木穿孔する。成虫体長 23~48mm。体は扁平で幅広く,黒褐色で油を塗ったような光沢がある。複眼部は広い。触角では長く鋸歯状縁が顕著,雌では短く普通の型を示す。前胸背の両側は平たくなり,前角,中央,後角がとげ状に横に突出する。肢部は幅広くなり,上翅には小点刻を散布する。成虫は5~9月に,平地ないし山地に発生し,灯火に来ることもある。幼虫はスギ,ヒノキ,マツ類,ときにクヌギやクリにつく。日本各地のほかアジア東部に分布する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

のこぎりかみきり【ノコギリカミキリ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ノコギリカミキリ
のこぎりかみきり / 鋸天牛
[学] Prionus insularis

昆虫綱甲虫目カミキリムシ科に属する昆虫。日本各地のほか朝鮮半島、中国北部、東シベリア東部に分布する。体長23~48ミリメートル。黒褐色で、頭は前に突き出し、前胸は幅広く、両側が平たくて前角と中央がとがって突出する。触角は12節、とくに雄では強く鋸状。マツ、スギなど針葉樹の枯れ木や倒木に多くみられ、幼虫は種々の枯れ木の根を食害する。成虫は捕まえると上ばねの縁と後脚をこすり合わせて発音する。近似種のニセノコギリカミキリP. sejunctusは触角がやや短く、雌では11節、脛節(けいせつ)上面に溝がない。

 ノコギリカミキリ亜科Prioninaeは、前胸両側が稜(りょう)状の縁をもち、日本に10種が分布する。ウスバカミキリ、ベーツヒラタカミキリ、コバネカミキリなどが属する。

[中根猛彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノコギリカミキリ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ノコギリカミキリの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation