@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ノダック

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ノダック
Noddack, Walter Karl Friedrich
[生]1893.8.17. ベルリン
[没]1960.12.7. バンベルク
ドイツの化学者。ベルリン大学で化学,物理学,数学を学んだ。 1920年,W.ネルンストのもとで学位を取得し,光化学研究所の所長を経て,フライブルク大学教授となり (1935) ,シュトラスブルク大学に移った (41) 。第2次世界大戦後は,バンベルク哲学・神学大学の化学教授をつとめた。 25年に,75番元素レニウム,および 43番元素マスリウム (→テクネチウム ) を発見した。 1600種の鉱物を調べて,すべての鉱物中にすべての元素が含まれると考えた。光化学反応についても多くの研究がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ノダック
のだっく
Walter Karl Friedrich Noddack
(1893―1960)

ドイツの化学者。ベルリンに生まれる。ベルリン大学でネルンストに学び、1935年フライブルク大学教授、1941年ストラスブール大学光化学研究所長兼務、のちバンベルク大学で化学とくに地球化学を指導。1925年、後の妻タッケIda Tacke(1896―1978)と共同でコルンブ石のX線分光分析により75番元素を発見、レニウムと命名。同時に発見を公表した43番元素マスリウムはその後確認されず、人工元素テクネチウムが43番元素とされる。彼は多くの鉱物を分析し、すべての鉱物はすべての元素を含むとする元素普存則を述べた。写真化学も研究した。

[道家達將]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ノダック
ノダック
Noddack, Walter

ドイツの化学者.ベルリン大学で学び,1920年H.W. Nernst(ネルンスト)のもとで学位を取得.1920年ベルリンの物理工学研究所,1935年フライブルク大学,1941年シュトラスブルク大学,1946~1955年バンベルク(Bamberg)の哲学・神学カレッジ(現バンベルク大学)で教え,1955~1960年にバンベルク地球化学専門学校の校長を務めた.1925年にIda Tacke(1926年にNoddackと結婚)やO. Bergとともに,未発見元素である75番元素を発見して,ライン川にちなんでレニウムと命名した.同時に43番元素も発見したとして,マスリウム(masurium)と命名したが確認されず,のちにE. Segreらによって人工的に合成されてテクネチウムとなった.ほかに地球化学や光化学の研究がある.最近,日本の同時代の化学者小川正孝が1908年に発見したニッポニウムは,レニウムであったことが証明された.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノダック」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ノダックの関連情報

関連キーワード

黒田清輝ウィグモア北村透谷東京大学E. ロッドウェルナー内村鑑三ドビュッシーニキシュマイケルソン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation