@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ノバーリス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ノバーリス
Novalis
[生]1772.5.2. オーバーウィーダーシュテット
[没]1801.3.25. ワイセンフェルス
ドイツの詩人,小説家。本名 Georg Friedrich Philipp,Freiherr von Hardenberg。前期ロマン派の代表者。貴族の家に生れて厳格な敬虔主義的教育を受け,イェナ,ライプチヒ,ウィッテンベルク大学で法律,哲学,歴史学,自然科学を学んだ。この間シラーに師事,F.シュレーゲルと交友,カントやフィヒテの哲学に親しんだ。のち行政事務見習いを経て製塩所に勤務するかたわらティークらロマン派詩人たちと交流しつつ文学活動を行なったが,肺結核のため早世した。恋人ゾフィー・フォン・キューンの死を契機 (いわゆるゾフィー体験) にして生れた一連の詩『夜の賛歌』 Hymnen an die Nacht (1800) と未完の小説『ハインリヒ・フォン・オフターディンゲン』 Heinrich von Ofterdingen (02) が特に有名。後者のなかに出てくる「青い花」はロマン的憧憬を象徴する言葉として広く知られている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ノバーリス(Novalis)
[1772~1801]ドイツの詩人・小説家。本名、フリードリヒ=フォン=ハルデンベルク(Friedrich von Hardenberg)。前期ロマン派の代表者。宇宙万有を統一的なものとして認識し、その思想は魔術的観念論とよばれた。小説「青い花」、詩「夜の讃歌」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ノバーリス【Novalis】
1772‐1801
ドイツ初期ロマン派の代表的詩人,哲学者。本名はフリードリヒ・フォン・ハルデンベルクFriedrich Leopold Freiherr von Hardenberg。チューリンゲン地方オーバーウィーダーシュテットの貴族の家庭に生まれる。敬虔主義の宗教的環境の中で幼年期を過ごす。若年で世を去ったが,自然と人間に対する深い哲学的思索,明朗な宗教心などの天性に加え,婚約者ゾフィーSophie von Kühnへの愛とその死の体験,さらには職務上(1795年製塩監督局補佐官に就く)携わった鉱山学,自然科学などの研究を通じて,現世の生と死を超克するロマン主義的自然観・歴史観を構築し,《夜の讃歌》や《ハインリヒ・フォン・オフターディンゲン》(未完,邦訳名《青い花》),《ザイスの学徒》などの名作を生んだ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ノバーリス【Novalis】
〔本名 Friedrich Leopold von Hardenberg〕 (1772~1801) ドイツ前期ロマン派の詩人・小説家。フィヒテの哲学と婚約者の死の影響のもとに独自の思索を展開。抒情散文詩「夜の讃歌」、未完の長編小説「青い花」など。 → 青い花

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ノバーリス
のばーりす
Novalis
(1772―1801)
ドイツ・ロマン派を代表する詩人。本名フリードリヒ・フォン・ハルデンベルク。チューリンゲンのオーバーウィーダーシュテット生まれ。敬虔(けいけん)主義的な雰囲気の家庭に育つ。ライプツィヒ大学時代にフリードリヒ・シュレーゲルと知り合い、その後またティークとも親交を結び、初期ロマン派が形成された。
 22歳のとき、13歳の少女ゾフィー・フォン・キューンと出会い、やがて婚約するが、2年後にゾフィーは病死した。この恋人の死の体験が深く彼の魂を揺さぶり、神秘主義的思索へといざなった。死や夜の世界に沈潜することから、ゾフィーの死をキリストの死の秘儀に重ね、『夜の賛歌』(1800)が生まれた。やがて彼はフライベルクの鉱山学校で自然科学を学び、かつまた一方でフィヒテ哲学を研究することにより、独自の自然観を形成した。この自然観を小説という形で展開しようとしたのが『ザイスの弟子たち』(1798)である。これは、自然と人間との融和は至高の愛の具現者である救世主によってもたらされるという構想のもとに書かれたが、休筆されて未完のままに終わっている。だが、挿入されている愛らしく美しいメルヒェン『ヒヤシンスと薔薇(ばら)』は小説全体のテーマを十分に担いえている。こうして、自然や愛について、あるいは哲学、数学、芸術、音楽、メルヒェン、神話、道徳、魔術などについて独自のロマン主義的思索を展開し、数多くの断章にそれらを書き留めた。こうした一連の思索を解く鍵言葉(キーワード)、また創作の原理として、「魔術的観念論」という考えを打ち立てた。
 やがてティークによりヤーコプ・ベーメを知るや、そのなかに熱い創造の息吹を感じた彼は、それまでの思索を総合する形で、本格的な長編小説にとりかかろうと決心する。それが小説『青い花』(原題『ハインリッヒ・フォン・オフターディンゲン』、1799)であるが、これは第一部『期待』、第二部『実現』という構成で、主人公には中世の歌人H・v・オフターディンゲンの名を借り、場面もまた中世に置いているが、全体として、「世界を詩化し、メルヒェンとする」という彼のロマン主義的理想を追求したものである。ここにも重要な意味のあるメルヒェンが挿入され、かつ小説全体がメルヒェンになるように企図されていたが、作者の夭折(ようせつ)のため未完に終わった。ノバーリスはその繊細な感性と深い思索のためにロマン派の精華とされ、『青い花』はロマン主義そのものの象徴ともなった。[今泉文子]
『小牧健夫訳『ザイスの学徒』(1949・角川書店) ▽大久保和郎訳『ヒヤシンスと薔薇の花の物語』(1950・みすず書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ノバーリス
(Novalis) ドイツの前期ロマン主義の詩人、小説家。本名はフリードリヒ=フォン=ハルデンベルク。歴史や自然の究極的な合一を詩に求め、神秘や夢、死など超自然的な世界を描いた。詩集「夜の讚歌」、小説「青い花」など。(一七七二‐一八〇一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノバーリス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ノバーリスの関連情報

関連キーワード

スマローコフ噺本蕪村本多髷工藤平助グルベアワイアット鹿の子餅・鹿の子餠安永明和

他サービスで検索

「ノバーリス」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation