@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ノラ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ノラ
Nola
イタリア南部,カンパーニア州ナポリ県,ナポリ東北東約 23kmに位置する町。エトルリア人の町であったが,前 313年ローマ人が占領,皇帝アウグスツスがここで没した (14) 。肥沃カンパーニア平野商業の一中心地で,野菜,果実トウモロコシ,麻を集散。食品,ガラス工業がある。ゴシック様式聖堂 (13世紀) ,カタルニャ風宮殿 (15世紀) などがある。付近には4~5世紀のキリスト教殉教者のがあり,バシリカ跡などが残る。人口3万 2573 (1991推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ノラ(Nora)
イプセン戯曲人形の家」の女主人公。夫にとってかわいい人形にすぎない妻の地位を捨て、夫や子供とも別れて家出する。近代的自我に目覚めて自立を望む新しい女性の典型とされる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノラ(Nola)
中央アフリカ共和国南西部の都市。サンガムバエレ州の州都。マンベレ川とカディ川の合流点に位置し、河港をもつ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

ノラ
日本のポピュラー音楽。歌は女性歌手、門倉有希。1998年発売。作詞:ちあき哲也、作曲:徳久広司。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

のら【ノラ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ノラ
(Nora) イプセンの戯曲「人形の家」の主人公。妻として単に男性の人形であることに反逆し、夫や愛児を捨て家出する。近代的自我に目ざめた新しい女性の典型とされた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノラ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ノラの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation