@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ノルウェー海【ノルウェーかい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ノルウェー海
ノルウェーかい
Norwegian Sea
大西洋の縁海の一つで,東はノルウェー西岸,北はスバールバル,西はヤンマイエン島アイスランド,南はシェトランドフェロー諸島に囲まれる。水深約 2000~3000m,最深部 3970m。塩分濃度 35‰。海域には北大西洋海流が北上し,東グリーンランド海流の一部が南下してぶつかり,世界有数の漁場の一つとなっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ノルウェーかい【ノルウェー海 Norskhavet】
北大西洋のアイスランド―フェロー諸島の線より北,北緯72゜までの海域。約6000万年前からの大西洋中央海嶺による海底拡大でできた。北半にはモーンMohn,南にはヤン・マイエンJan MayenとコルベインセイKolbeinseyの3海嶺がある。東半に3200~3800mの深海盆が広がる。タラの好漁場で,ノルウェー沿岸には幅200kmに及ぶ大陸棚があり,北海油田が北へ延びてガス田が発見されている。西には北から寒流が流氷を運び,東は湾流のため暖かい。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ノルウェー海
のるうぇーかい
Norwegian Sea

ノルウェー西岸とグリーンランド東岸に挟まれた海域。北極海とはナンセン海嶺(かいれい)によって区別される。ノルウェー海の深層水はグリーンランド・アイスランド海嶺とフェロー・アイスランド海嶺、そしてフェロー諸島とスコットランドを結ぶウィビル・トムソン海嶺によって、北大西洋の水と境されている。ほぼ中央に位置するヤン・マイエン島を通って東北東に延びるモーン海嶺が、東側のノルウェー海盆と西側のグリーンランド海盆に二分し、両海盆の海域をそれぞれ狭義のノルウェー海とグリーンランド海に区分することもある。前者の海域を暖流の北大西洋海流の続流であるノルウェー海流が北上し、後者の海域を寒流の東グリーンランド海流が南下する。ノルウェー海流は夏には太陽の放射で暖められて、表層水の温度は12℃近くに上がるが、冬には垂直的対流により混合されて、北部海域でも5℃前後の水温を維持する。またタラ、ニシン、サケなど豊かな水産資源に恵まれている。

[竹内清文]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノルウェー海」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ノルウェー海の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation