@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ノーザンテリトリー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ノーザンテリトリー
Northern Territory
オーストラリア北部にある准州地形は単調だが気候は北の高温多雨地帯から南の乾燥地帯へと順次移り変る。白人による入植の試みは 1824年に始るが,何回かの失敗ののち,63年からサウスオーストラリア植民地の管轄下に入り,68年にパーマストン (現ダーウィン) への入植が成功。 1911年に連邦政府直轄地区となったが,77年以降,連邦政府の権限が順次委譲され,州に準じた行政体制に移行した。自然的経済的条件に恵まれず,現在も人口はわずかに全国の1% (1992) にすぎず,同国で最も未開発な地域となっている。行政中心地はダーウィン。産業構造は著しく鉱業に特化し,ゴーブボーキサイトをはじめ,マンガン,銅,鉄鉱石を産出し,ウラン埋蔵が注目されている。このほかのおもな経済活動はバークリー台地などの大規模,粗放な牧牛と,ダーウィン,カサリン,アリススプリングズなどの都市における政府雇用である。アボリジニ人口が多く,人口の 21% (92) を占め,アボリジニ保護地区が多い。面積 134万 6200km2。人口 16万 8600 (1992推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ノーザン‐テリトリー(Northern Territory)
オーストラリア北部にある準州。長く連邦直轄地だったが1978年に自治権を得た。人口は20万人ほどで人口密度が低い。南部は砂漠地帯でウルルなどの観光資源がある。州都ダーウィン北部準州

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノーザンテリトリー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ノーザンテリトリーの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation