@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ノース

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ノース
North, Frederick, 2nd Earl of Guilford
[生]1732.4.13. ロンドン
[没]1792.8.5. ロンドン
イギリスの政治家。 1754年下院議員。支払総監 (1766~67) ,蔵相 (67~70) を歴任して,70年首相となり,以後 12年間政権を担当。首相在任当初は,インド問題 (イギリス東インド会社のベンガル取得に伴う国王の主権問題) ,J.ウィルクスの議会除名問題を解決し,またアメリカ植民地との摩擦を避けるため,茶税以外のタウンゼンド諸法を撤廃するなど 74年頃までは順調であったが,ボストン茶会事件以降多くの懲罰処置をとったため,アメリカ独立戦争が勃発国王ジョージ3世の強硬策を支持し,結果的にイギリスの敗北招きアメリカ十三植民地を失った。 82年辞職,翌年それまでの政敵 C.フォックス連立政権を樹立したが,9ヵ月で瓦解。以後ピット (小) 政権に対する反対党に参加。 90年父の死によってギルフォード伯爵を継いだ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノース
North, Sir Thomas
[生]1535.5.28. ロンドン
[没]1603頃
イギリスの翻訳家。ケンブリッジ大学で学んだと思われ,そののち 1557年リンカーン法学院に入ったが,法律よりも文学に没頭,同年スペインのアントニオ・デ・ゲバラの『王侯の日時計』 Diall of Princesを訳出,次いで東洋の寓話集をイタリア語から翻訳した『ドーニ道話』 The Morall Phylosophie of Doni (1570) を出した。 J.アミヨの仏訳から重訳したプルタルコス『英雄伝』 Lives (79) は,シェークスピアのローマ史劇にも影響を与えた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノース
North,Dudley
[生]1602
[没]1677
重商主義期のイギリスの自由貿易論者。 J.チャイルド,N.バーボン,C.ダベナントらとともにトーリー党に結集したトーリー・フリー・トレーダーの一人。若くして近東貿易巨富を築き,帰国後スチュアート朝のもとで関税委員をつとめ,イングランドの下院議員ともなった。主著『交易論』 Discourses upon trade:principally directed to the cases of the interest (1691) のなかで彼は,貨幣は富そのものではなく単なる一商品であるから,必要量をこえた貨幣は輸出されてもよいという論拠に基づき,貿易の自由を唱えた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノース
North, Douglass C.
[生]1920.11.5. マサチューセッツケンブリッジ
[没]2015.11.23. ミシガン,ベンゾニア
アメリカ合衆国の経済学者。カリフォルニア大学バークリー校で学び,1942年学士号,1952年博士号を取得。1950年シアトルのワシントン大学教授,1967~79年経済学部長。1983年セントルイスのワシントン大学教授。その間 1961~66年経済研究所理事,1967~87年全米経済研究所理事を歴任。ロシア,アルゼンチン,ペルー,チェコの各政府の経済コンサルタントも務めた。基本的に理論家としての立場に立ち,技術革新だけでは経済発展には不十分で,市場経済を繁栄させるためには所有権のようなある種の法的社会的制度の制定が不可欠であると主張した。『経済史の構造と変化』(1981),『制度・制度変化・経済成果』(1990)など著書多数。1993年経済史家としては初めてロバート・W.フォーゲルとともにノーベル経済学賞受賞

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

ノース
生年月日:1641年5月16日
イギリスの自由貿易論者
1691年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ノース(north)
北。北方。⇔サウス

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノース」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ノースの関連情報

関連キーワード

山科別院筒井村作兵衛若林強斎ワシントン山科本願寺しゃ手話言語条例をめぐる動き「真田丸」効果アークライト荒木田麗女

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation