@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ノートル・ダム・ド・パリ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ノートル・ダム・ド・パリ
Notre-Dame de Paris
フランスの小説家,詩人,劇作家ビクトル・ユゴーの歴史小説。1831年刊。日本では『ノートル・ダムのせむし男』という題名で知られている。15世紀末パリのノートル・ダム大聖堂を舞台に,作者のロマン派的中世趣味と人間の運命の錯綜を描いた作品。美しいロマの娘エスメラルダと醜い鐘つき男カジモドを主人公に,エスメラルダをめぐる邪恋,カジモドによる刑場からの彼女の救出,彼女に対するカジモドの純粋な愛を描いた,フランス・ロマン派(→ロマン主義)の代表的作品。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ノートル・ダム・ド・パリ
のーとるだむどぱり
Notre-Dame de Paris

フランスの作家ユゴーの長編小説。1831年刊。舞台は中世のパリ。幼時に誘拐されロマ(かつてはジプシーとよばれた)として生活するエスメラルダは、たぐいまれな美貌(びぼう)があだになって、ノートル・ダム寺院の副司教クロード・フロロに邪恋を抱かせた。フロロは、鐘つき男のカジモドに彼女をさらわせるが、美男の警備隊長フェビュスがこれを救う。誘拐の罪で鞭(むち)打たれるカジモドを哀れみ飲み水を与えた彼女は、やがてカジモドに救われる運命になる。副司教フロロが嫉妬(しっと)からフェビュスを刺して逃亡、その罪を着せられ刑場に引かれる彼女を、カジモドは救い出してノートル・ダム寺院にかくまう。フロロはパリの無宿者に寺院の大襲撃をさせるが失敗、さる隠遁(いんとん)尼の手に彼女をゆだねる。尼僧が実は彼女の実母であることが判明したときはすでに遅く、彼女は官憲の手に渡っていた。エスメラルダが絞首刑になるのを寺院の塔から見ていたカジモドは、フロロを塔上から突き落とし、自分も彼女の遺骸(いがい)を抱いて死ぬ。叙事詩的壮大さをもつ典型的人物たちが、美醜両極のコントラストで効果的に処理され、中世ゴシック趣味のロマン派的背景に、民衆への愛や人道主義を色濃くにじませているところに、後年のユゴーの政治姿勢が予見される。

[佐藤実枝]

『辻昶・松下和則訳『ノートル・ダム・ド・パリ』(岩波文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノートル・ダム・ド・パリ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ノートル・ダム・ド・パリの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation