@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ノールト・ホラント【のーるとほらんと】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ノールト・ホラント
のーるとほらんと
Noord-Holland

オランダ西部の州。「北ホラント」の意。北海とアイセル湖の間の西フリースラントとよばれる半島部とテセルTexel島によって構成される。総面積4059平方キロメートル、陸地面積2667平方キロメートル、人口253万4599(2001)。州都ハールレム。大部分が海面下にあり、地形的には北海側から内陸側へ海岸砂丘、砂質沖積地、泥炭・粘土の低湿地と三区分される。このため砂質地では球根栽培が、17世紀に開発された湖沼ポルダー(干拓地)では畑作が、泥炭地では酪農が行われるなど、多彩な農牧業が営まれる。また、アルクマールのチーズ市(いち)は有名である。工業はアムステルダム‐アイモイデン地区を中心に、鉄鋼、造船、食品などが発展している。10世紀に成立したホラント伯領を起源とし、オランダ独立戦争や17世紀の経済的繁栄などにおいて絶えずオランダ史の焦点となった地域で、初期にはエンクハイゼンEnkhuizenやホールンのゾイデル海港湾都市が、16世紀からはアムステルダムが、ニシン漁業や貿易で繁栄した。1840年に旧ホラント州が南北に分離されて誕生した。北海運河やノールト・ホラント運河が開けている。北海沿岸には海水浴場も多い。

[長谷川孝治]

世界遺産の登録

17世紀初頭に開発されたベームスター干拓地が1999年、ユネスコ(国連教育科学文化機関)により「ドゥローフマーケライ・デ・ベームステル(ベームスター干拓地)」として世界遺産の文化遺産に登録された(世界文化遺産)。

[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノールト・ホラント」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ノールト・ホラントの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation