@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ハイエク

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ハイエク
Hayek, Friedrich (August) von
[生]1899.5.8. ウィーン
[没]1992.3.23. フライブルク
オーストリア生れの経済学者。ウィーン大学卒業後官吏となり,1927~31年オーストリア景気研究所長,29~31年ウィーン大学講師を兼任,31年ロンドン大学客員教授,同正教授を経て,50年にシカゴ大学教授,62年に西ドイツのフライブルク大学教授に就任した。第2次世界大戦前はオーストリア学派第3世代の代表的理論家の一人として貨幣的景気理論を展開し,景気の安定のためには貨幣の中立を維持すべきであるという中立貨幣論を堅持する一方,経済政策面では最小限の計画と社会保障を容認しながらも徹底的な自由主義を主張した。その後社会哲学面に関心を移し,47年世界の自由主義者の国際団体モンペルラン・ソサエティーを創立,初代会長 (のち名誉会長) となり,新自由主義の指導者として活動した。『貨幣景気』 Geldtheorie und Konjunktur theorie (1929) や『価格と生産』 Prices and Production (31) などの作を通じて,かつてはその貨幣的経済理論によって著名であったが,今日ではむしろネオ・オーストリアンの理論的源流の一人として,あるいは経済理論の枠組みを越えた思想家として評価されている。 74年 G.ミュルダールとともにノーベル経済学賞受賞。主著資本の純粋理論』 The Pure Theory of Capital (41) ,『隷従への道』 The Road to Serfdom (44) ,『個人主義と経済秩序』 Individualism and Economic Order (48) など著書多数。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ハイエク(Friedrich August von Hayek)
[1899~1992]オーストリアの経済学者。独自の貨幣的景気理論提示。また、自由主義思想の究明発展努力。1974年ノーベル経済学賞受賞。著「景気と貨幣」「資本の純粋理論」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ハイエク【Friedrich August von Hayek】
1899‐1992
オーストリアの経済学者。ウィーンに生まれる。研究領域は経済理論,経済政策だけでなく,科学方法論,法哲学,社会思想など社会科学の広範な分野に及ぶ。ウィーン大学の学生時代,法律学だけでなく,F.ウィーザーやO.シュパンの経済学の講義に出席するとともに,E.マッハやM.ウェーバーの著作を読んだ。このことは,後の研究上の関心(とくに感覚論,認識論)に大きく影響したと思われる。またこの時期,数人の友人たちと〈民主主義学生連盟〉を結成し,後年まで続くハイエクの国家主義社会主義双方に対する戦いの第一歩を踏み出していることが注目される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ハイエク【Friedrich August von Hayek】
1899~1992 オーストリアの経済学者。貨幣的景気理論を展開する一方、ケインズ主義や社会主義を批判して、社会経済論に基づく自由主義を唱えた。著「景気と貨幣」「隷従への道」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ハイエク
はいえく
Friedrich August von Hayek
(1899―1992)
オーストリアの経済学者、思想家。ハイエクの業績を大別すれば、第二次世界大戦を境として、前期の純粋に経済学的時代と、後期の、経済学を核心としながらも、これを超えて哲学、法学、政治学、心理学、人類学等々きわめて広範な分野を、相互間の脈絡を失うことなく、一大理論体系へと進化的evolutionallyに発展させてきた時代とがある。もちろん、後期の萌芽(ほうが)は前期においてすでに明白に見取ることができる。それにしても、後期の深遠で広大な理論的発展は、ハイエクが20世紀における一大思想家であり碩学(せきがく)であることを示して十分である。
 ウィーンに生まれ、ウィーン大学卒業後、1927年オーストリア景気研究所所長となり、29年に発表した貨幣的景気変動論でたちまち世界に令名を馳(は)せ、翌年ロンドン大学へ客員教授として招聘(しょうへい)され、2年後に正教授となった。50年にシカゴ大学へ、62年に旧西ドイツのフライブルク大学へ移り、69年から77年まで母国オーストリアのザルツブルク大学の客員教授となったが、その後ふたたびフライブルク大学へ復帰した。その間、74年にノーベル経済学賞を授与された。賞の名のとおり、ハイエクの主として前期における純粋に経済学的貢献に対するものであった。
 貨幣的側面と実物的(生産構造上の)側面との両面から、相対価格体系の変動が景気の変動を発生させるとするハイエク理論は、この問題を捨象し主として集合量の変化に基づき、いわゆるマクロ的分析を行うケインズ派経済学とは、基本的・対照的に違っており、ハイエク‐ケインズ論争は有名である。ケインズ派の凋落(ちょうらく)とともに、改めてハイエク・ブームが始まったのも不思議ではない。かつて一度は「中立貨幣」を説いたハイエクが、1977年に「貨幣の非国有化論(国立中央銀行撤廃論)」を主張するに至ったのも当然かもしれない。だが、ハイエクは「自由放任論者」ではなく、自由社会や自由経済をよりよく発展させるために、政府は何をしなければならないかを、つねに新しい問題として解答していかなければならないという「新自由主義」を説く。主要な著書としては、『価格と生産』Prices and Production(1931)、『資本の純粋理論』The Pure Theory of Capital(1941)、『隷属への道』The Road to Serfdom(1944)、『個人主義と経済秩序』Individualism and Economic Order(1948)、『感覚秩序』The Sensory Order(1952)、『自由の体質とその原理』The Constitution of Liberty(1960)、『法と立法と自由』Law, Legislation and Liberty(1982)などがある。[西山千明]
『西山千明・矢島鈞次監修『ハイエク全集』全10巻(1986~90・春秋社) ▽C. Nishiyama & K. R. Le K. R. Leube (ed.), The Essence of Hayek (1984, Hoover Institution Press, Stanford University, Stanford, California, U.S.A.)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ハイエク
(Friedrich August Hayek フリードリッヒ=アウグスト━) オーストリアの経済学者。相対価格体系の変動が景気の変動を発生させるとする理論を提唱した。一九七四年ノーベル経済学賞受賞。著書「価格と生産」「資本の純粋理論」「個人主義と経済秩序」など。(一八九九‐一九九二

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ハイエク
Friedrich August von Hayek
1899〜1992
オーストリアの経済学者
ウィーンに生まれる。オーストリア学派に属し,自由主義論者として国家主義と社会主義への批判を行った。その研究分野は経済理論だけでなく,科学方法論,法哲学,社会思想などにおよんでいる。主著『貨幣理論と景気理論』(1929)。1974年ミュルダールとともにノーベル経済学賞受賞。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハイエク」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ハイエクの関連情報

関連キーワード

リジェンダーイェーツゴーリキー(Maksim Gor'kiy)チェーホフ[各個指定]芸能部門童謡誌おてんとさん自動車フィンランディアチェレプニンパテルノストロ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation