@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ハイキング

デジタル大辞泉

ハイキング(hiking)
自然を楽しみながら野山などを歩くこと。ハイク。「ハイキングコース」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ハイキング【hiking】
山野を歩き楽しむこと。歩くこと自体が目的となったのは19世紀以後であり,20世紀にはドイツのワンダーフォーゲルなどの運動も盛んになった。道具もいらず,各人の能力に応じて楽しめるスポーツとしてますます重視されている。バックパッキングクロスカントリースキーオリエンテーリング登山のうちの低地部分の歩行などもハイキングの一種といえよう。行動にあたっては,自然を相手にするのだから慎重な計画と十分な準備が必要であり,なるべく単独行は避ける。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ハイキング【hiking】
スル
山野・海辺などを自然を楽しみながら歩くこと。ハイク。 春の山を-する

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ハイキング
はいきんぐ
hiking
一般に徒歩旅行と訳される。イギリスでは18世紀ごろからウォーキングwalking(徒歩旅行)と同義に用いられたが、19世紀後半からはウォーキング・レース(競歩)が盛んになったため、ウォーキングとハイキングとは別義になり、日常生活から離れての郊外散歩から軽登までの野外活動が、広くハイキングとよばれるようになった。日本では1930年(昭和5)ごろから軽登山の意味で多く用いられた。リラックスしたレクリエーションとしての効果を期待して行われるもので、とくにそのためにトレーニングなどを行わないものをよぶ。種類としては、軽登山、高原散策、海岸散策などが広く考えられるが、日本の自然は山が多いので、軽登山が中心となる。軽登山とは、スポーツ登山と違って、とくにピッケル、アイゼン、ザイルなどの登山用具を用いない、また積雪期などの技術を要しないものと一般的には理解されている。近年、ワンダーフォーゲル活動と同義に考える場合もある。実施する際には、目的はハイキングであっても野外で活動する以上、自然の変化、とくに気象変化に十分注意すると同時に、地図をよく読んで、慎重な計画と準備をすることが必要である。原則的には登山の注意と同じことがいえよう。靴はスニーカーより、厚いゴム底の編上げがよい。リュックサックはやや大きめのものを用意し、重心がなるべく高くなるように詰める。雨具も忘れてはいけない。歩き方は、最初20分程度歩いたら一度休み、その後は自分の歩きやすいペースで歩くとよい。[徳久球雄]
『コリン・フレッチャー著、芦沢一洋訳『遊歩大全』上下(1978・山と渓谷社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ハイキング
〘名〙 (hiking) 自然を楽しみながら野山を歩くこと。ハイク。
※旅‐昭和九年(1934)一一月号・旅情〈岡倉由三郎〉「今日の流行の言葉で言へば、『ハイキング』」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハイキング」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ハイキングの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation