@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ハイファ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ハイファ
Haifa
イスラエル北西部,地中海に臨む大港湾都市。ハイファ地方の行政中心都市でもあり,カルメル山麓からアコー湾の南端までに位置する。タルムードのなかに最初に記述され,ビザンチン時代にはシカミノスと呼ばれた。十字軍遠征当時は重要な軍事基地であったが,1191年エジプトのサラディンに破壊された。1799年ナポレオンに,1839年エジプトのイブラヒム・パシャに占領された。1948年のイスラエル建国のときには,アラブ軍との間の激しい戦場となった。イスラエル屈指の主要港で,国の輸出入の大半を扱い,海軍基地でもある。市街は狭い海岸平野から山腹斜面,さらにカルメル山上にかけて広がり,波止場の周辺には商業地区,低地には行政諸官庁,学校,博物館などがある。高地には新しい住宅街,カルメル山の斜面には金色のドームをもつギリシア聖堂,ペルシア風庭園などがある。バハーイ教の本部をはじめ教団関連施設も多く,2008年「ハイファおよび西ガリラヤ地方(→アコー)のバハーイ教聖地群」として世界遺産の文化遺産に登録された。おもな工業は,製鋼,食品加工,造船,化学,繊維,セメントなどであるが,エーラトからパイプラインで送られてくる石油の精製も行なわれている。人口 26万7000 (2006推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ハイファ(Haifa)
イスラエル北西部、地中海に臨む港湾都市。イラクキルクーク油田とパイプラインで結ばれて石油積み出し港として発展した。精油・自動車などの工業や商業が盛ん。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ハイファ【Haifa】
イスラエルの地中海岸にある港湾・工業都市。人口25万2000(1996)。アラビア語ではハイファーḤayfā。背後にカルメル山地が迫るハイファは,約26km南方に古くから栄えたアッカー(アッコ)港があったため,港としての重要性はほとんどなかった。ところが19世紀に登場した汽船が,アッカーの狭い自然港に入港できなくなったこと,1905年にハイファとダマスクス間に鉄道が開通したことから,ハイファは重要港となり,33年には近代的港湾施設が建設された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ハイファ【Haifa】
イスラエル北部、地中海に面する港湾都市。イラクのキルクークから油送管が通じ、石油積み出し基地として発展。精油・鉄鋼・自動車工業も盛ん。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ハイファ
はいふぁ
Haifa

パレスチナ北部の港湾都市。地中海に突出したカルメル山地北端に位置する。人口は25万2300(1995)で、イスラエル支配地域ではエルサレム、テル・アビブに次いで第3位である。20世紀になってユダヤ人入植者が急増し、ダマスカス、ベイルート、スエズへの鉄道が建設され、イラクのキルクーク油田とパイプラインで結ばれてから急速に発展した。イスラエル建国後は鉄道やパイプラインは閉鎖されたが、現在は柑橘(かんきつ)類、セメント、せっけんなどの輸出港として、また石油、鉄鋼、機械、化学などの重化学工業基地として発展している。ほかに、工科大学、バハーイ教本部、海軍基地などがある。

[高橋和夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ハイファ
(Haifa) イスラエル北部、地中海に面する港湾都市。一九三四年、イラクのキルクーク油田とパイプラインが通じてから石油積出港として発展。イスラエル建国後はテル‐アビブと並ぶ重化学工業都市。海軍基地がある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハイファ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ハイファの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation