@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ハイブリッド車【ハイブリッドしゃ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ハイブリッド車
ハイブリッドしゃ
hybrid car
原動機として内燃機関と電動機 (モータ) を併用するハイブリッド・エンジンを用いる自動車。内燃機関で走行しながら発電機を回し,発電された電気と電池 (二次電池) によってモータでも動く。電気自動車の欠点である低出力を,ガソリンエンジンやディーゼルエンジンなどの内燃機関で補完することにより,排出ガスの削減と実用性の両立を実現した。発進,加速,定速走行,減速といった負荷の大小に応じてモータとエンジンを切り替える方式が主流。 1997年,トヨタ自動車が世界で初めてハイブリッドの量産を開始し,本田技研工業,日産自動車などがこれに続いている。 (→低公害車 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

ハイブリッド車
「エンジンとモーター」といったように、2種類の異なる動力源を搭載する自動車。これまでの自動車ではブレーキをかけた時に捨てられていた運動エネルギーを電気エネルギー等で回収し、これを加速時に使用することができ、日本のように渋滞が多い市街地では、従来車の約2倍優れた燃費性能を実現できる。動力源の組み合わせ方によって、エンジン・電気ハイブリッド、フライホイールハイブリッド、電池・電池ハイブリッド(燃料電池とモーター電池)、蓄圧式ハイブリッドと名称が変わる。これらの呼び名については様々な方式が提案されてきたが、最近ではエンジン・電気ハイブリッドを指すことが普通である。エンジン・電気ハイブリッド車では、トヨタが1997年に世界で初の量産型ハイブリッド乗用車「プリウス」の販売を開始し、2006年4月末までの累計販売台数は50万台を突破した。そのうち、日本国内が約19万台であるのに対し、北米では約26万台に達している。
(大鹿隆 東京大学ものづくり経営研究センター特任教授 / 藤本隆宏 東京大学大学院教授 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

朝日新聞掲載「キーワード」

ハイブリッド車
エンジンと電気モーターを使って走る車。低い速度ではモーターで、その後もモーターがエンジンを補助して走る。走りながら充電し、電気自動車のような充電設備は不要だ。エンジン車より少ない燃料ですみ、排出ガスも少ない。渋滞が多い日本で人気が高いが、今後は世界的に排出ガス規制が高まり、海外でも販売が増えるとみられている。
(2011-10-16 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

ハイブリッド‐しゃ【ハイブリッド車】
ハイブリッドカー」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハイブリッド車」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ハイブリッド車の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation