@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ハイベア

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ハイベア
Heiberg, Johan Ludvig
[生]1791.12.14. コペンハーゲン
[没]1860.8.25. ボンデルプ
デンマークの劇作家,評論家,詩人。ヘーゲルの崇拝者としての著作もあるが,教壇を去って劇界に投じ,名女優として知られた夫人とともに演劇界に君臨,フランスのボードビルを紹介,劇壇新風を吹込み,また文芸紙を主宰して思想界でも指導的役割を演じ,アンデルセン,キルケゴール,イプセンらに影響を与えた。代表作『妖精の丘』 Elverhøj (1828) ,『死後の魂』 En Sjæl efter Døden (41) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ハイベア【Johan Ludvig Heiberg】
1791‐1860
デンマークの作家。19世紀前半の文学・演劇界の中心人物。古典語のほか,動・植物学,昆虫学,数学,天文学を修めた学者で,フランス遊学より持ち帰ったボードビル劇を手本に同種の作品を執筆,王立劇場で上演し,同劇場の支配人をも務めた(1849‐56)有力者であった。音楽とバレエ演劇を総合した彼の作品《妖精の丘》(1828初演)は国家祝賀のおりに上演される華やかで美しい作品で,今日なお全国民に愛されている。【岡田 令子】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ハイベア
はいべあ
Johan Ludvig Heiberg
(1791―1860)
デンマークの批評家、劇作家。初めヘーゲル哲学者として名をなすが、劇評家、王立劇場舞台監督となる。一世の名女優を妻とし、また有力新聞主筆として19世紀中期の文壇に君臨。アンデルセン、キルケゴール、イプセンらは彼の指導を受けている。ロマン派の感傷を嫌い理知的作風を愛し、おもにボードビル(風刺的軽喜劇)を書く。代表作は『妖精(ようせい)の丘』(1828)、『死後の魂』(1841)など。[山室 静]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハイベア」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ハイベアの関連情報

関連キーワード

総合年表(アメリカ)モーツァルトフイヤン派立法議会真珠岩フーイヤン・クラブロワー・カナダ合衆国銀行コウォンタイシャン=ド=マルス事件

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation