@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ハイライト【はいらいと】

デジタル大辞泉

ハイライト(highlight)
絵画・写真などで、最も明るく見える部分。
最も興味を引く部分・場面。映画・演劇の見せ場や、行事・催し物などの呼び物。「今年のニュースのハイライト」「オリンピックのハイライトシーン」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

ハイライト
JTが製造、販売するタバコのブランド、また、その商品名。1960年6月、販売開始。タール17mg、ニコチン1.4mg、20本入り。「ハイライト」ブランドとして、ほかにメンソールタイプがある。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はいらいと【ハイライト】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ハイライト
highlight
絵画用語。特にデッサンで,光の当った明るい部分をチョークあるいは絵具で浮立たせる技術をいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ハイ‐ライト
〘名〙 (highlight)
① 絵画・写真で、最も明るく見える部分や白色部分。⇔シャドー
※へぼ胡瓜(1921)〈岡本一平〉一五「つひこの間も夫人の肖像を頼まれてその鼻の先の高光(ハイライト)を当てるのに真珠色にした」
② 最も興味をそそる部分や場面。スポーツ・放送番組・演劇などの見せ場や、催し物などの呼び物。圧巻。
※無人境のコスモポリタン(1950)〈林達夫〉「時代のハイライトにある時々刻々めまぐるしく進展する『時局的』問題には、実はそれほど興味がありません」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハイライト」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ハイライトの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation