@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ハインリヒ・フォン・オフターディンゲン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ハインリヒ・フォン・オフターディンゲン
Heinrich von Ofterdingen
ドイツの詩人ノバーリスの未完の小説。 1802年刊。『青い花』の訳名で知られる。時は中世,ある夜夢に見た青い花の中の少女を求めて旅に出た主人公ハインリヒが,いろいろな体験を経て詩人として成長する過程を描く (第1部「期待」) 。詩と愛と信仰とによる現実からの解放がこの作品の主題であり,ここで詩人のあり方が高らかに宣言される。第2部「成就」ではその詩人の活躍と栄光が描かれるはずであったが,第1章のなかばで中断されたままに終った。ゲーテの『ウィルヘルム・マイスター』に対抗して書かれたこの作品はノバーリスの最高傑作であるばかりでなく,ドイツ・ロマン主義代表作であり,彼のいう「魔術的観念論」の結晶といえる。ロマン的憧憬の象徴として現れる「青い花」の名はドイツ・ロマン主義の異称として,以後広く浸透した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はいんりひふぉんおふたーでぃんげん【ハインリヒ・フォン・オフターディンゲン】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ハインリヒ・フォン・オフターディンゲン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ハインリヒ・フォン・オフターディンゲンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation