@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ハインリヒ

デジタル大辞泉

ハインリヒ(Heinrich)
(1世)[876~936]中世ドイツ、ザクセン朝初代の国王。在位919~936。オットー1世の父。マジャール人の侵入を退け、東方のドイツ化、キリスト教化に努めた。
(4世)[1050~1106]中世ドイツ、ザリエル朝第3代の国王・神聖ローマ皇帝。在位1056~1106。聖職叙任権問題で教皇グレゴリウス7世と争って破門され一時は屈服したが、のち反撃して同教皇を追放、帝位を確立した。→カノッサの屈辱

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ハインリヒ【Heinrich】
(一世)876~936 中世ドイツの王(在位919~936)。オットー一世の父。919年ザクセン王朝を開く。
(四世)1050~1106 神聖ローマ皇帝(在位1056~1106)。教皇グレゴリウス七世と司教叙任権を争い、破門されて1077年カノッサ城に行き謝罪した(カノッサの屈辱)が、のち教皇を追放。
1129~1195 ドイツのザクセン公、バイエルン公。ミュンヘン・リューベックなどの東方都市の建設と発展に尽くしたが、皇帝フリードリヒ一世と対立し、所領を没収された。獅子公。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ハインリヒ
(Heinrich)
[一] (一世) ドイツ、ザクセン朝初代の王(在位九一九‐九三六)。オットー一世の父。マジャール人の侵入を退け、東方のドイツ化、キリスト教化につとめ、都市建設王といわれる。(八七六頃‐九三六
[二] (二世) ドイツ、ザクセン朝最後の王。神聖ローマ皇帝(在位一〇一四‐二四)。二度イタリアに遠征、教会を保護し、聖者王といわれた。(九七三‐一〇二四
[三] (三世) ドイツ、ザリエル朝第二代の王。神聖ローマ皇帝(在位一〇四六‐五六)。ボヘミア、ハンガリーを征服、南イタリアのノルマン人を従えた。教会の腐敗を粛正し、帝権の伸張に努めた。(一〇一七‐五六
[四] (四世) ドイツ、ザリエル朝第三代の王。神聖ローマ皇帝(在位一〇八四‐一一〇六)。教皇グレゴリウス七世と僧職叙任権をめぐって争い(カノッサの屈辱)、諸侯の離反、子どもとの対立など、波乱の生涯をおくる。(一〇五〇‐一一〇六
[五] (五世) ドイツ、ザリエル朝第四代の王。神聖ローマ皇帝(在位一一一一‐二五)。ハインリヒ四世の次子。一一二二年教皇カリクストゥス二世とウォルムス協約を結び、叙任権闘争を解決した。(一〇八一‐一一二五
[六] (六世) ドイツ、ホーエンシュタウフェン朝第三代の王。神聖ローマ皇帝(在位一一九一‐九七)。フリードリヒ一世の子。一一九四年ナポリ、シチリアを平定してシチリア王となる。ギリシア遠征中に死去。(一一六五‐九七
[七] (七世) ルクセンブルク家のドイツ国王。神聖ローマ皇帝(在位一三一二‐一三)。いわゆる諸家交立時代の国王。オットー一世以来の皇帝政策を継承、イタリアに干渉した。一三一三年没。
[八] ザクセン公およびバイエルン公。リューベックなどの商業都市を築き、多くの司教領を設けて、北東ドイツの開拓、植民に努めた。豪胆だったので獅子公と呼ばれた。一一九五年没。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハインリヒ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ハインリヒの関連情報

関連キーワード

補助保佐ラウール保佐人補助人レオ7世燕雲十六州陽成天皇カール[3世]

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation