@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ハウトスミット

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ハウトスミット
Goudsmit, Samuel Abraham
[生]1902.7.11. ハーグ
[没]1978.12.4. レノ
オランダ生れのアメリカの物理学者。ライデン大学,アムステルダム大学に学び,1927年渡米。ミシガン大学教授 (1932) ,ブルックヘブン国立研究所所員 (48) 。 25年原子スペクトルの多重項の説明のため G.E.ウーレンベックとともに電子スピンを導入した。ほかに原子構造多重散乱理論などの研究がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ハウトスミット
はうとすみっと
Samuel Abraham Gaudsmid
(1902―1978)

アメリカの物理学者。オランダのハーグに生まれ、ライデン大学のエーレンフェストのもとで物理学を学ぶ。パッシェン、ゼーマンらについて分光学を研究し、パウリの原子の分光学に関する理論に対し、電子のスピン角運動量に相当する新しい量子数を導入し、1925年、ウーレンベックとともに電子スピン自由度に関する論文を発表した。1927年ライデン大学で学位取得。同年アメリカに渡り、1932年ミシガン大学教授。第二次世界大戦中はマサチューセッツ工科大学放射研究所で戦時研究に従事、のちにドイツ原爆調査団(アルソス)に参加した。1946年ノースウェスタン大学教授。1947年よりブルックヘブン国立研究所所員。

[山崎正勝]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハウトスミット」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ハウトスミットの関連情報

関連キーワード

[各個指定]工芸技術部門正岡子規熱雲サウド家メリエス[各個指定]芸能部門バルフォアマーラーレハールコワニエ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation