@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ハウフ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ハウフ
Hauff, Wilhelm
[生]1802.11.29. シュツットガルト
[没]1827.11.18. シュツットガルト
ドイツの詩人,小説家。父に早く死なれ,テュービンゲン大学で神学を学ぶ。卒業後ヒューゲル男爵家の家庭教師となり,そこで子供たちに聞かせた童話が,童話作家としての出発となった。ロマン主義と写実主義の中間期にあたる「ビーダーマイアー」の作家。特に童話作品は世界中で愛読され,『童話年鑑 1826年』 Märchenalmanachに収められた『隊商』 Die Karawaneをはじめとする東洋に取材した 14編が有名。ほかに,風刺小説『月の中の男』 Der Mann im Monde (1826) ,E. T. A.ホフマンの影響が強い幻想小説『悪魔の覚え書』 Mitteilungen aus den Memoiren des Satans (26~27) ,歴史小説『リヒテンシュタイン』 Lichtenstein (26) などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ハウフ(Wilhelm Hauff)
[1802~1827]ドイツの童話作家・小説家。東方世界に取材した童話集「隊商」や、歴史小説「リヒテンシュタイン」などで知られる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ハウフ【Wilhelm Hauff】
1802‐27
ドイツの童話作家,小説家。シュトゥットガルトに生まれ,チュービンゲン大学で神学を修めた。物語作者としての才能を若くして開花させた彼は,幻想的な作品《悪魔の覚書》(1826‐27),歴史小説《リヒテンシュタイン》(1826),長編小説《月の中の男》(1826),童話集《隊商》(1826)などを次々と発表して一躍文名を高めた。しかし結婚の翌年,25歳の若さで病した。【前田 彰一】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ハウフ【Wilhelm Hauff】
1802~1827 ドイツの小説家・童話作家。ロマン的な題材を素朴なリアリズムの手法で描いた。小説「リヒテンシュタイン」、童話集「隊商」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ハウフ
はうふ
Wilhelm Hauff
(1802―1827)
ドイツの詩人、小説家。シュトゥットガルトに生まれる。早く父を失ってチュービンゲンに移り、その地の神学校を経てチュービンゲン大学を卒業。1824年から家庭教師を勤めるが、26年職を辞して外国とドイツ各地を旅行。27年新聞の編集者になる。この年結婚するが、ほどなく病を得て急死、25年に満たない生涯を閉じる。詩人として出発、やがて小説を書き始め、短編『皇帝の絵姿』『ユダヤ人ジュース』(ともに1827)、長編『悪魔の覚え書からの報告』(1826~27)、なかでも歴史小説『リヒテンシュタイン』(1826)によって人気作家となる。彼の作家的資質がもっともよく発揮されたのは創作童話の分野で、1826、27、28年度の『童話年鑑』としてそれぞれ発表された『隊商』『アレッサンドリアの長老とその奴隷たち』『シュペッサルトの宿屋』はいまなお愛読者が多い。[関 楠生]
『塩谷太郎訳『ハウフ童話全集』全一巻(1960・弥生書房) ▽藤田五郎訳『皇帝の絵姿』(1940・弘文堂)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ハウフ
(Wilhelm Hauff ウィルヘルム━) ドイツの詩人、小説家。ロマン主義作家。空想的、伝奇的な色彩が濃く、童話作家として有名。著「隊商」「リヒテンシュタイン」など。(一八〇二‐二七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハウフ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ハウフの関連情報

関連キーワード

グエン(阮)朝ドニエプロペトロフスクベートーベン尚温王十返舎一九グエン朝常磐津兼太夫ドニエプロペトロフスクレ・バン・ズエト青木夙夜

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation