@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ハウ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ハウ
Howe, E(dgar) W(atson)
[生]1853.5.3. インディアナ,トリーティ
[没]1937.10.3. カンザス,アチソン
アメリカの編集者,小説家,随筆家。さまざまな職業従事したのち,19歳で『ゴールデン・グローブ』 The Golden Globe紙を発行し,次いで『デーリー・グローブ』 The Daily Globe紙を編集,刊行しながら,中西部を写実的に描いた小説『田舎町の物語』 The Story of a Country Town (1883) を発表。ほかに,辛辣な警句特色とする随筆,旅行記,自伝などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハウ
Howe, Elias
[生]1819.7.9. マサチューセッツスペンサー
[没]1867.10.3. ニューヨーク,ブルックリン
アメリカの発明家。父の農場で働いていたが,製粉所や製材所で運転される機械に興味をもち,機械工となった。布を縫う機械の開発を思い立ち,実用的なミシン完成,1846年に特許を取った。市場開拓のためロンドンに渡り,コルセット製造業の W.トマスに雇われた。2年後,トマスにイギリスでのミシン製造権を 250ポンドで売渡し,志を得ずしてアメリカに帰った。故国では,I. M.シンガーらが,許可なく彼の発明を基礎にしたミシンをつくって販売していたので特許権侵害訴訟を起し,54年訴訟に勝ち,アメリカでつくられる全ミシンの特許使用料を取ることができるようになった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハウ
Howe, Irving
[生]1920.6.11. ニューヨーク
[没]1993.5.5. ニューヨーク
アメリカの批評家。ニューヨーク市立大学卒業。スタンフォード大学などで教えたのち,1963年母校の教授主著は『シャーウッド・アンダーソン』 Sherwood Anderson (1951) ,『ウィリアム・フォークナー』 William Faulkner (1952) ,『政治と小説』 Politics and the Novel (1957) ,『より魅力ある世界』A World More Attractive (1963) ,『新しきものの衰退』 Decline of the New (1970) ,『アメリカ的新しさ』 The American Newness (1986) など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハウ
Howe, John
[生]1630.5.17.
[没]1705.4.2.
イギリスの指導的なピューリタン牧師ケンブリッジとオックスフォード両大学に学び,グレートトリントンの牧師 (1654) ,O.クロムウェル家の牧師 (56) 。スチュアート家王政復古の際に追放され,ロンドンで長老派教会の牧師となる。 1672年からは,長老派教会と会衆派教会の合同に尽力したが,成功にはいたらなかった。著書"The Blessedness of the Righteous" (68) ,"Delighting in God" (74) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハウ
Howe, Joseph
[生]1804.12.13. ノバスコシアハリファックス
[没]1873.6.1. ノバスコシア,ハリファックス
カナダの政治家。自由主義系の新聞の編集兼発行人として名をなしたのち,1836年ノバスコシア植民地下院に選出されて政界に入る。ノバスコシアにおける責任政府の樹立を強力に推進し,48年初頭にその実現をみた。 60~63年同植民地政府の首相に就任。ハウはイギリス植民地の連合としてはのちのイギリス連邦のような形態を理想としていたので,北アメリカのイギリス植民地の連合に反対し,ノバスコシアにおいて強力な反対運動を展開した。しかし,69年にはノバスコシア州への連政府による財政援助を条件に,連邦政府に入閣。健康を害して 73年に辞任。ノバスコシアへ帰り副総督に就任したが,数週間後にした。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハウ
Howe, Mark Antony DeWolfe
[生]1864.8.28. ロードアイランド,ブリストル
[没]1960.12.6.
アメリカの作家雑誌若者』 Youth's Companionの編集長 (1888~93,99~1913) ,アトランティック・マンスリー社副社長 (11~29) ,ボストン文芸協会理事 (33) をつとめるかたわら,伝記執筆,『バレット・ウェンデルと彼の手紙』 Barrett Wendell and His Letters (24) でピュリッツァー賞受賞

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハウ
Howe, Richard, Earl Howe
[生]1726.3.8. ロンドン
[没]1799.8.5.
イギリスの海軍軍人。 1740年海軍に入り,55年北アメリカに航海,56~63年イギリス海峡で対フランス作戦に従い,フランス沿岸で活躍。 58年長兄の死によりアイルランド系貴族のハウ子爵家を継いだ。 63~70年海軍省に勤め,75年海軍中将。 76年北アメリカ艦隊司令長官。北アメリカ植民地の独立戦争に同情をもち,78年大陸会議の委員と交渉したが失敗した。 82年イギリス海峡艦隊司令長官。 83~88年海相。 93年イギリス海峡艦隊司令長官に再任 94年フランス=スペイン連合艦隊を撃破した。 88年ハウ男・伯爵家を創設

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハウ
Howe, Samuel Gridley
[生]1801.11.10. ボストン
[没]1876.1.19. ボストン
アメリカの教育家,パーキンズ盲学校の初代校長。ハーバード大学医学部に学び医師の資格を得たが,ギリシア革命運動に参加して,6年間ギリシアの軍隊で兵隊として戦い,また国土の復興作業にも挺身した。 1829年帰米,31年にボストン・ニューイングランド盲人収容所設立事業の経営に従事,盲人教育の実地調査のため渡欧し,ポーランド革命に巻込まれて逮捕,投獄されたが,32年ボストンに帰り,プレザント街の父の家で数人の盲児を教育した。これがパーキンズ盲学校の発端である。三重苦の L.ブリッジマンの教育は彼のめざましい成功の一つである。その後はもっぱら精神障害児の環境づくりと治療に関心を寄せた。熱心な奴隷廃止論者であり,また自由土地党員でもあった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハウ
Howe, William, 5th Viscount Howe
[生]1729.8.10.
[没]1814.7.12. デボンシャー,プリマス
イギリスの軍人。アメリカ大陸でのフレンチ・アンド・インディアン戦争 (1754~63) に青年将軍として戦功を立てた。アメリカ独立戦争初頭,ボストンに籠城する T.ゲージ将軍支援に派遣され,バンカーヒルの戦いを勝ち,1776年ゲージ将軍の跡を継いで総司令官となった。独走して南方に進出,ニューヨークを落し,フィラデルフィアを占領したが,G.ワシントン軍掃滅には失敗した。この作戦のためニューヨーク北部が手薄となり,77年イギリス軍はサラトガの戦いで大敗を喫し,戦局の動向が定まった。責めを負って総司令官を辞し,本国へ帰国。 (→アメリカ独立戦争 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハウ
Howe, Gordie
[生]1928.3.31. カナダ,フローラル
[没]2016.6.10. アメリカ合衆国,オハイオ,トレド
カナダのアイスホッケー選手。本名 Gordon Howe。北アメリカのプロリーグ NHLでの 32年間に及ぶ現役生活を通じて,前人未到の 1767試合に出場し,25年間在籍したデトロイト・レッドウィングズを 4度のスタンリー・カップ制覇に導いた。たぐいまれなパックさばき,両手から繰り出す巧みなリストショット,伝説的な強靭さから「ミスター・ホッケー」と呼ばれた。最優秀選手 MVPに贈られるハート・メモリアル・トロフィーとシーズン得点王に贈られるアート・ロス・トロフィーを各 6回受賞したほか,20年連続でゴール数が上位 5位以内という快挙も成し遂げた。1946―47年シーズンにレッドウィングズでプロ選手としてのキャリアを開始し,最盛期の 1968―69年シーズンには 103得点を上げた。1970―71年シーズン後に引退し,レッドウィングズのフロントに入ったが,新たに発足したプロリーグ WHA(ワールド・ホッケー・アソシエーション)に移り,1973―74年シーズンからヒューストン・エアロズで競技に復帰。エアロズに相次ぐ WHAタイトルをもたらした。現役最後の 1979―80年シーズンには,フル出場で 15ゴールと 26のアシストを記録。1971年にカナダ勲章を受章,1972年ホッケーの殿堂入りを果たし,2008年 NHL功労賞の最初の受賞者となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ハウ(Elias Howe)
[1819~1867]米国の発明家。1845年に裁縫ミシンを完成。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

ハウ Howe, Annie Lion
1852-1943 アメリカの社会事業家。
1852年1月12日生まれ。フレーベル協会保母伝習学校を卒業。明治20年(1887)アメリカン-ボード(外国伝道会組織)の宣教師として来日。22年神戸に頌栄(しょうえい)保母伝習所を,ついで頌栄幼稚園を開設した。幼児教育につくし,昭和2年帰国。1943年10月25日去。91歳。マサチューセッツ州出身。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

デジタル大辞泉プラス

ハウ
《Howe》イギリス海軍の戦艦。アドミラル級。1885年進水、1889年就役。名称は18世紀のイギリス海軍提督、リチャード・ハウの名にちなむ。1910年解体。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハウ
《Howe》イギリス海軍の戦艦。キング・ジョージ5世級(2代目)。1940年進水、1942年就役の超弩級戦艦。起工時の名称はビーティ(Beatty)。第二次世界大戦中には、北極海での船団護衛、シチリア島上陸作戦の支援などに従事。大戦末期には、沖縄の宮古島撃にも参加した。1950年退役、1958年スクラップ。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ハウ【Elias Howe】
1819‐67
アメリカの機械発明家。マサチューセッツ州の農家に生まれる。子どものときから機械に関心をもち,1835年綿業機械工の,また37年時計機械工の見習工となり,機械工としてのをみがく。40年代の初めに,裁縫の機械化に関心をもち,今日のミシンの試作にとりかかる。このときハウのアイデアの基礎となったのは,子どものときから親しんでいた織機機構である。それまでのを辞し,44年から45年にかけて開発に専念し完成。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ハウ【Joseph Howe】
1804‐73
イギリス領北アメリカの政治家。王党派(ローヤリスト)の息子としてノバ・スコシア植民地に生まれる。正規の教育をほとんど受けず,父親の印刷業を手伝いながら独学し,1828年から《ノバスコシア人》紙を刊行。同紙のコラムとして〈立法議会観察〉を設けることで,それまでの文学への関心から政治的関心,とくに当時の政治の民主化運動への関心を強めた。36年改革派の一員としてノバ・スコシア立法議会に当選し,責任政府樹立を求める運動を展開する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ハウ【Julia Ward Howe】
1819‐1910
アメリカの社会改革家。ニューヨーク生れ。《リパブリック賛歌》の作詩者として有名であるが,夫とともに奴隷解放運動にも参加し,南北戦争後は婦人参政権運動,平和運動から,〈赤ん坊のために,きれいなミルクを〉の運動に至るまで,多くの改革運動に参加した。詩人,作家,演説家として多くの著作があるが,社会運動家としての活動の中に彼女の本領が最もよく発揮されている。【岡田 泰男】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ハウ【Samuel Gridley Howe】
1801‐76
アメリカの社会改革家,医師,教育家。ボストン市出身。1924年ハーバード大学医学部を卒業。30年までギリシア独立戦争の犠牲者援助事業に従事。32年アメリカで最初の盲学校であるパーキンス盲学校をボストンに設立した。44年間にわたる校長生活を通じて,盲・など重複障害児の教育方法を開拓して世界の特殊教育の進展に貢献した。また,社会事業全般にわたるすぐれた見識から,民間慈善中心であった19世紀のアメリカ社会事業の中で公的責任の必要性を説いた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

はう【ハウ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ハウ【Elias Howe】
1819~1867 アメリカの発明家。1845年裁縫用ミシンを発明。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ハウ
(Elias Howe エリアス━) アメリカの発明家。裁縫機械を研究、ミシンの原形をつくり一八四六年特許を得た。のちシンガーによって今日のミシンに改良された。(一八一九‐六七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハウ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ハウの関連情報

関連キーワード

徳川家慶徳川家慶シューマンオーストンガルストショイベノックスハウスクネヒトフェノロサブロンホフ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation