@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ハチク

栄養・生化学辞典

ハチク
 [Phyllostachys nigra var. henonis].カヤツリグサ目イネ科マダケ属に属する.中国原産のタケで,たけのこを食べる.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ハチク【Phyllostachys nigra (Lodd.) Munro var.henonis (Bean) Stapf】
イネ科のやや大型のタケ。モウソウチクマダケとともに用途が広く,三大竹とされている(イラスト)。呉竹(くれたけ)の異名もある。稈(かん)の最大直径10cm,高さ15mぐらい。節の下側に白い蠟粉がつき,節の出張りが小さく,がやや深くて割れやすい。竹の皮に斑点がなく美しい。耐寒性がつよく,北海道伊達市に育っている。主産地は近畿,四国,九州で,中国大陸,朝鮮にも産する。中国名は淡竹。材はかたく細割りしやすいので,茶筅や菓子の容器つくりに重用される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ハチク
はちく / 淡竹
[学]Phyllostachys nigra (Lodd.) Munro var. henonis (Bean) Stapf
イネ科(APG分類:イネ科)のタケ・ササ類。高さ20メートル、径約10センチメートルに達する。節は2環があり、その点でマダケと同じであるが、マダケは稈(かん)面が濃緑色であるのに対し、ハチクは帯白色または灰緑色である。そのため淡竹(はちく)の名がついた。タケノコの皮は淡桃色で長い毛を散生し、マダケのような黒い斑紋(はんもん)はない。葉は披針(ひしん)形で長さ9~13センチメートル、幅約1.5センチメートル。肩毛(かたげ)(葉鞘(ようしょう)の上縁の毛)は、ほぼ直立する。古く中国から渡来し、北海道南部から沖縄で広く栽培される。稈は強く、とくに細割りがきくので、茶筅(ちゃせん)や提灯(ちょうちん)の骨の材料とする。母種クロチクは稈は初め緑色で、2~3年後に黒紫色に変わる。[鈴木貞雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハチク」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ハチクの関連情報

関連キーワード

大脳基底核烏竹黒竹早竹淡竹端竹白竹半竹葉竹ポプラ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation