@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ハッカ(客家)【ハッカ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ハッカ(客家)
ハッカ
Hakka; Ke-jia
中国の広東省を中心に広西,福建,江西の諸省に住み,移住民として在来の住民 (本地人) から区別されてきた住民をいう。ハッカ広東方言で,クーチヤすなわち客人の。かなり古く,華北から南方へ移住した漢民族一派ともいわれ,広東語系のハッカ (客家) 方言を話す。農業,手工業に従事し,海外への移民も多い。劣等地を耕作する貧農が多く,地主層でも科挙受験を妨害されるなど,本地人から種々の差別を受け,しばしば械闘 (かいとう) を起した。洪秀全太平天国の指導者にはハッカ出身者が多い。今日では多くのハッカが台湾,ホンコンほか,東南アジア諸国に移住している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハッカ(客家)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ハッカ(客家)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation