@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ハッショウマメ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ハッショウマメ
Mucuna hassjoo(Stizolobium hassjoo); Yokohama bean
マメ科の一年生のつる草。熱帯アジア原産といわれ,日本でも古くから食用に栽培されていたが,今日では非常に珍しくなった。クズに似た大型のと葉をもち,長さ数mに達する。夏の終りに,葉腋から総状花序を出し黒紫色の蝶形花をつける。果実は長さ 10cmほどの湾曲した莢果で数本ずつまとまってつき,熟すると黒色になる。1莢中に5~6個の扁平な種子を生じる。種子は食用となり,飼料にもなる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ハッショウマメ
はっしょうまめ / 八升豆
[学] Mucuna pruriens (L.) DC. var. utilis (Wall. ex Wight) Burck
Stizolobium hassjoo Piper et Tracy

マメ科(APG分類:マメ科)の一年草。オシャラクマメともいう。つるは支柱に巻き付いて2~4メートルとなる。葉は3枚の小葉からなる複葉である。葉腋(ようえき)に花序をつけ、3~4センチメートルの黒紫色花が約10個開く。莢(さや)は短毛に覆われ、長さ約10センチメートル、5~10本が房束になってつく。完熟すると莢は黒色となり、しわが寄るが裂開はしない。豆は灰白色で長さ約2センチメートル、へそは隆起して白色、1莢に5~6粒入っている。熱帯アジア原産で、主栽培地は東南アジア。日本へは八丈島を経て伝わったといわれ、そのため八丈豆の呼び名がのちになまってハッショウマメになったという。また、1本の木から8升の豆がとれるからともいわれる。17世紀ころから西南暖地での栽培の記録があるが、現在ではほとんど栽培されていない。東南アジアでこの豆を食べる地域では、豆をよく水煮してあくを除いてから食べ、きんとんや餡(あん)などにするが、多食は有害といわれる。また、茎葉を飼料や緑肥とする。

[星川清親 2019年11月20日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハッショウマメ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ハッショウマメの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation