@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ハデス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ハデス
Hades
ギリシア神話の神。別名プルトンともいう地下死者の国の支配者。クロノスレアの子で,兄弟のゼウスポセイドンとともにティタンたちとの戦いに勝ったあと,くじを引いて世界を分け合い,冥界の支配権を引当てた。ゼウスがデメーテルに生ませた娘ペルセフォネを,ゼウスの同のもとに地上からさらってきてとし,彼女とともに死者の国に君臨する。キュクロプスたちから贈られた,かぶると姿の見えなくなるを所有するという。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ハデス(Haidēs/〈英〉Hades)
ギリシャ神話で、冥府の王。クロノスレアの子。ゼウスの兄。デメテルの娘ペルセフォネをさらって妃とした。ローマ神話プルートーにあたる。ハイデス

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ハデス【Hadēs】
ギリシア神話で,地下の冥府の王。その名は〈見えざる者〉の意。地中に埋蔵される金銀などの富の所有者としてプルトンPloutōn(〈富者〉)とも呼ばれたところから,ローマ神話ではプルトPluto,またはそのラテン訳のディスDisが彼の呼称となっている。ティタン神族のクロノスの子として生まれ,兄弟のゼウス,ポセイドンと力を合わせて,当時,世界の覇者であった父神とティタン神族を10年にわたる戦いで征服し,ゼウスが天,ポセイドンが海の王となったとき,ハデスは冥界の支配権を得た。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ハデス【Hādēs】
○ギリシャ神話で、冥府の王。見えない者、の意。クロノスとレアの子。ゼウスの兄。姉妹の女神デメテルの娘ペルセフォネをさらって妻とした。プルトン(富める者)・クリュメノス(名高き者)などの別名をもつ。ハイデス。
死の国。冥界。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ハデス
はです
Hades
ギリシア神話の死者の国を支配する神。クロノスとレアの子で、ゼウスとポセイドンの兄弟にあたる。プルトンPluton(富める者の意)ともよばれるが、これは万物を生み育てる大地のもつ富の力を表し、地下の神としてその地下の富を所有することからハデスの別名となった。またローマ神話では、プルトPluto、ディースDis(富の意)などともよばれ、いずれもプルトンに由来する。ハデスにはこのほかにもいくつかの別名があるが、多くの場合、その恐ろしい本名を直接口にするのを避けて婉曲(えんきょく)に暗示するため、これらの別名が用いられた。ハデス(またはアイデス)とは、「目に見えない」の意味と解釈されている。
 ティタン族との戦いでは、有名な隠れ帽子を用いて活躍し、ゼウスが天を、ポセイドンが海を領分にしたように、彼は冥界(めいかい)を獲得した。そして妃(きさき)のペルセフォネとともにミノス、ラダマンティス、アイアコスの3人の判官の補佐を受けて、正義にもとることなく死者の国を支配した。冥府のことを「ハデスの館(やかた)」とか、簡単に「ハデス」ともいうが、その館にはケルベロスという猛犬がいつも番をしており、館の周りにはスティクス、アケロン、コキトス、レテ、ピリプレゲトンの五つの川が流れている。なお、彼には、ペルセフォネを誘拐して妻とする物語のほかには神話らしいものがない。[伊藤照夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ハデス
(Hades)
[1] ギリシア神話中の地下の国の支配者。冥界の王。クロノスとレアの子。豊饒(ほうじょう)の女神デメテルの娘ペルセフォネを奪って妃とした。ギリシア名ハイデス。
[2] (ハデスの家の意) 死の国。冥府。黄泉(よみ)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハデス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ハデスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation