@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ハドリアヌス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ハドリアヌス
Hadrianus, Publius Aelius
[生]76.1.24. イタリカ
[没]138.7.10. バイアイ
ローマ皇帝 (在位 117~138) 。五賢帝の一人。ヒスパニアの元老院議員家系の出身。先帝トラヤヌスの血縁にあたる。トラヤヌスが死の床で彼を養子としたと称して,そのときシリアにあったハドリアヌスは現地で即位。しかし元老院がこれに疑いをもって両者の関係は冷却,またダキア,エジプト,ブリタニアの政情不安もあってユーフラテス川以遠の,トラヤヌスが征服した地域を放棄してローマに帰り,借財帳消し,貧民救済策によって人気を獲得し,対外的には防衛策に転じた。ローマを離れて各地を巡察し,騎士身分 (エクイテス ) を登用して官僚制を整え,貨幣発行による財政建直し,立法整備を行なった。また新しい形式のラテン市民権である大ラテン市民権を創設,この権利を得た都市のすべての地方元老院議員にローマ市民権を与え,ローマ元老院に多くの属州の貴族を補充させた。辺境にはハドリアヌス長城などの城壁を修築,駐屯地からの徴兵などの軍制改革,荒廃したエジプトなどでは植民に努めた。アテネを愛しオリュンピア,ゼウスの神殿を造らせ,ほかにも公共施設を多く建設させた。エルサレムには新市アエリア・カピトリナを建設。これに反抗したラビ・アキバらユダヤ人を徹底的に弾圧した (132) 。また同性愛の愛人アンチノースの死後,エジプトに新市アンチノポリスを建設し,祭儀を行わせた。晩年はチボリ (ローマ近郊) の広大な別荘に引きこもった。すぐれた政治的手腕をもつとともに,文芸,絵画,算術を愛好,学者を厚遇した。アントニヌス・ピウスを養子とし,死後彼によって神格化された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ハドリアヌス(Publius Aelius Hadrianus)
[76~138]ローマ皇帝。在位117~138。五賢帝の一人。スペインの生まれ。行政改革を行って内政を整備し、また、パルティアと和し、ブリタニア長城を築くなど辺境の防衛を強化した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ハドリアヌス【Publius Aelius Hadrianus】
76‐138
ローマ皇帝。在位117‐138年。五賢帝の第3番目。ヒスパニア(スペイン)の出身で,トラヤヌスの庇護下で育てられギリシアの学問を学んだのち,軍事・行政職を歴任した。彼のシリア総督在任中,トラヤヌスは死の直前,彼を養子・後継者とした。ハドリアヌスは不穏な動きをした元老院議員を処刑し,トラヤヌスが征服したものの,維持が困難になっていたメソポタミア方面の属州を放棄して統治に着手した。彼はアウグストゥス模範として称号を簡単にし,帝国の拡大をやめて国境の安定に努めた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ハドリアヌス【Publius Aelius Hadrianus】
76~138 古代ローマ皇帝(在位117~138)。五賢帝の一人。帝国内の整備充実をはかる一方、パルティアと和し、ブリタニアに長城を築くなど辺境防衛に努めた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ハドリアヌス
はどりあぬす
Publius Aelius Hadrianus
(76―138)
ローマ皇帝(在位117~138)。五賢帝の三番目の皇帝。トラヤヌス帝(在位98~117)と同じくスペインのイタリカ出身で、トラヤヌス帝の遠縁にあたる。85年に父を亡くし、トラヤヌスの後見を受ける。その後軍事、政治の要職を歴任し、第一次、第二次ダキア戦争にも従軍。トラヤヌスのパルティア遠征の際にはシリア総督であり、トラヤヌスが117年にキリキアで病死したとき、死に際に養子とされ、帝位を継いだ。対外政策はトラヤヌスと対照的に平和的、防衛的であり、パルティアと和し、属州の防衛や統治の強化のために121~134年にかけて帝国各地を巡察した。その際、ブリタニアに、いわゆる「ハドリアヌスの長城」を築いた。ユダヤ人の反乱(132~135)だけが治世の平穏を破る事件であった。ハドリアヌスは行政機構の改革に多くの成果を残し、都市の建設や建築造営にも多大な関心を示した。136年ルキウス・アエリウスを養子として後継者に指名したが、138年に彼が病死したためアントニヌス・ピウスを新たに指名し、同年7月10日に死亡した。[市川雅俊]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ハドリアヌス
(Publius Aelius Hadrianus プブリウス=アエリウス━) 古代ローマ皇帝(在位一一七‐一三八)。五賢帝の一人。ヒスパニア出身。辺境防衛と国力充実に努めた。官僚制と軍制を整え、都市建設を行ない、また、法学・文芸・美術の振興にも尽力。(七六‐一三八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ハドリアヌス
Publius Aelius Hadrianus
76〜138
古代ローマ皇帝(在位117〜138)
五賢帝のひとり。トラヤヌス帝の。その治世は,帝国の最盛期にあたる。トラヤヌスの外征政策を放棄し,帝国の東境をユーフラテス川までと定め,ブリタニアの北境にも長城(ハドリアヌスの壁)を設けて防備を固めた。イェルサレムを完全に破壊し,そのためユダヤ人は離散した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハドリアヌス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ハドリアヌスの関連情報

関連キーワード

アッタロス[2世]還付金ミトリダテス[1世]アッタロス2世ミトラダテス1世五賢帝選挙運動

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation