@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ハノーバー市庁舎【ハノーバーしちょうしゃ】

世界の観光地名がわかる事典

ハノーバーしちょうしゃ【ハノーバー市庁舎】
ドイツ北部、ニーダーザクセン州の州都ハノーバー(Hannover、ハノーヴァー)にある、同市市役所の荘麗な建物。◇旧市街のマルクト教会の近くに旧市庁舎があるため、これと区別して「新市庁舎」(Neues Rathaus)とも呼ばれる。この建物は、1901年から12年の歳月をかけて1913年6月20日に完成した。高さ100mのドームがあり、内部には高さ38mの巨大なエントランスホールがある。このドームには展望台があり、ドームの傾斜に沿って斜めに上昇する1908年製のクラシックなエレベーターで行くことができ、ハノーバーの市街を一望できる。また、市庁舎内には、堀と城壁に囲まれていた1689年、1939年、戦災によりほとんど破壊された1945年、そして現在のハノーバーの町を再現した模型が置かれている。ちなみに、歴史博物館(Historiches Museum)には市庁舎と同じ1689年のほか1875年の模型がある。市庁舎裏手のマッシュパーク(Maschpark)の中の湖ごしに眺める市庁舎は絶景といわれる。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハノーバー市庁舎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ハノーバー市庁舎の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation