@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ハバネラ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ハバネラ
habanera
19世紀キューバに興った舞曲の一形式。正しくはアバネラと発音する。ゆるやかな4分の2拍子。ビゼー歌劇カルメン』 (1875) に現れるハバネラのほか,シャブリエラベル,ドビュッシーらの作品がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ハバネラ(〈スペイン〉habanera)
19世紀前半、キューバに起こった、ゆるやかな二拍子のリズムをもつ舞曲。
[補説]作品名別項。→ハバネラ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハバネラ【Habanera】[曲名]
ビゼーオペラカルメン」の第1幕でカルメンによって歌われるアリア通称冒頭歌詞から「恋は野の鳥」の題名で知られる。
サン=サーンスバイオリンピアノのための作品。1888年作曲。キューバの民俗舞曲ハバネラのリズムを用いている。管弦楽伴奏版も知られる。アバネーズ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

ハバネラ
フランスの作曲家ジョルジュ・ビゼーのオペラ『カルメン』(1875)で歌われるアリア。原題《Habanera》。『恋は野の』とも呼ばれる。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハバネラ
フランスの作曲家サン・サーンスのピアノとヴァイオリンのための二重奏曲(1888)。原題《Havanaise》。『アヴァネーズ』とも呼ばれる。キューバの民俗舞曲ハバネラのリズムを用いている。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ハバネラ【habanera[スペイン]】
スペイン語の発音ではアバネーラ。19世紀にキューバで行われたダンス音楽で,〈ハバナの(踊り)〉の。アルゼンチンの音楽学者カルロス・ベガによれば,17世紀から19世紀前半までイギリスで愛好された社交的な民俗舞踊,カントリー・ダンスcountry danceは,17世紀末にフランスを経てスペインに伝わってコントラダンサcontradanza(フランスではコントルダンスcontredanse)と化し,それがキューバに伝えられてダンサdanzaと呼ばれた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ハバネラ【habanera】
ハバナの、の意
一九世紀前半にキューバに興った二拍子系の舞踏または舞曲。アバネラ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ハバネラ
はばねら
havanera スペイン語 英語 フランス語
19世紀後半のヨーロッパ、とくにスペインで好まれた歌と踊り。キューバ起源といわれ、名称もキューバの首都ハバナに由来している。ゆっくりとした2/4拍子で、のちにタンゴにも取り入れられたのリズムが特徴的である。これはときに第1拍目が3連符になることもある。踊り手は、腕や腰など身体を官能的に動かすが、回るとき以外は足を床から上げない。ハバネラ形式の歌曲ではイラディエルSebastian Yradier(1809―65)の作品が有名で、ビゼーもオペラ『カルメン』第1幕にその一つを用いている。器楽曲は、アルベニス、ファリャ、シャブリエ、ドビュッシー、ラベルなど、スペインやフランスの作曲家に多い。[関根敏子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ハバネラ
〘名〙 (habanera 「ハバナ風」の意) 舞曲の一つ。一九世紀前半キューバの首都ハバナを中心にはじまった。ゆるやかな二拍子のリズムが特色。スペインを経てヨーロッパ各地に伝わり、ビゼーがオペラ「カルメン」に使用したハバネラは特に有名。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハバネラ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ハバネラの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation