@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ハブ空港【ハブくうこう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ハブ空港
ハブくうこう
hub airport
車輪の中心のハブスポークが集まっているように,さまざまな地域からの航空路が1ヵ所に集まり,人や物がそれぞれの目的地に向かって乗り換えや積み替えできるような拠点空港をいう。元来はフェデラル・エクスプレス航空の貨物の積み替えシステムから始まったものだが,旅客輸送にも応用されるようになった。このような拠点空港を中心とする航空路線網を「ハブ・アンド・スポーク・システム」 hub and spoke systemと呼び,1980年代後半から大手航空会社の多くが輸送効率を高める手段として採用し,世界中に普及した。しかし貨物輸送には適するが,旅客立場からすれば目的地に直接飛ぶことができず,いったんハブ空港で乗り換えなければならないなど,時間がかかって不便という不満も出てきた。さらに旅客機自体も航続距離が伸びて,国際長距離便も途中で燃料補給をすることなく直接目的地へ飛べるようになり,中型長距離旅客機による「ポイント・トゥー・ポイント」 point to pointの路線も増える傾向にある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

ハブ空港
航空ネットワークの中核となる空港。放射線状に伸びる空港網を車輪のスポークと見なし、その中心にあるハブにたとえた名称。また、各航空会社が拠点としている空港を指すこともある。代表的な国際ハブ空港は、米国・ニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港、英国・ロンドンのヒースロー空港、オランダ・アムステルダムのスキポール空港、アラブ首長国連邦のドバイ国際空港、シンガポールのチャンギ国際空港など。
1970年代、アメリカの大手航空会社が輸送効率を高めるため、国内の主要都市の空港に拠点を置き、乗り継ぎを前提として、地方都市に多くの路線を延ばしたハブ・アンド・スポーク・システムが始まりである。その代表が6本の滑走路を持つシカゴ・オヘア国際空港。国内線の便数も多く、内際および内々乗り継ぎ者であふれる巨大ハブ空港として知られる。
アジアでは、98年に中国・香港国際空港、99年に中国・上海浦東国際空港、2001年に韓国・仁川国際空港と大規模空港の開港が相次いだ。いずれも国際ハブ空港と位置づけられ、国策によって建造された空港である。中でも香港国際空港と仁川国際空港は、アジアと欧米を結ぶ便が多く、利便性・安全性の両面に優れているため、毎年実施される国際空港評議会(ACI)の総合評価では常にトップを争っている。
世界的な航空自由化(オープンスカイ)の流れもあり、こうしたアジア圏ハブ空港の座をめぐる争いは激化しているが、日本の空港は大きく後れを取っている。自民党政権下の航空行政は、成田国際空港を国際線、羽田空港(東京国際空港)を国内線とする「内際分離」を原則にしてきた。成田国際空港はゲートウェイ空港(玄関口となる空港)としては機能しているが、発着料金の高さ、都心からのアクセスの悪さ、滑走路の少なさ(2本のみ)、発着時間の制限(夜間早朝の離発着は不可)という欠点があり、国際ハブ空港としての役割を期待することはできない。
そこで浮上しているのが、都心に近接する羽田空港のハブ空港化案である。2010年秋には、第4滑走路が開通する予定で、その発着枠を国際線に振り分け、羽田空港の国際空港化を推し進めるという構想。09年10月、民主党の前原誠司国土交通大臣は、従来の「内際分離」の基本方針を見直し、羽田空港の国際線発着枠を拡大することを発表している。一方、成田国際空港や関西国際空港の地位低下は避けられず、各地元からは強い反発の声が上がっている。
(大迫秀樹  フリー編集者 / 2009年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

朝日新聞掲載「キーワード」

ハブ空港
自転車の車輪の(ハブ)からタイヤに向かってスポークが延びるように、世界各地への航路と、周辺地域への路線の中継拠点となるような空港のこと。発着が盛んになるため着陸料増収が期待できる。さらに、周辺での物流産業の活発化や国際会議などの招致にもつながり、地域や国の経済活動にプラスに働くとされる。
(2009-10-13 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

ハブ‐くうこう〔‐クウカウ〕【ハブ空港】
《hubは車輪の中心部の》各地からの航空路が集中し、乗客や貨物を目的地に中継する機能をもった、その地域の拠点となる空港。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ハブくうこう【ハブ空港】
幹線航空路が集中するとともに、地域の航空路の中継点となる空港。 自転車の車輪のハブに模されることからいう

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ハブ空港
はぶくうこう
hub airport
中核空港のこと。自転車の車輪の軸受け(ハブ)からスポークが伸びるように、放射状に航空路線をもつことからの呼称。すべての空港を直行便で結ぶより、乗り継ぎや積み替えの拠点となるハブ空港を設け、そこから周辺小空港を結んだほうが人や物を効率的に輸送できるとの発想から生まれた。世界の航空網は大型機をいったんハブ空港に着陸させ、中小型機に乗り換えて目的空港へ向かう形でつくられている。ニューヨークのジョン・エフ・ケネディ国際空港、ロンドンのヒースロー空港、シンガポールのチャンギ国際空港などがハブ空港として有名である。
 かつて日本の成田国際空港が東アジアのハブ空港を目ざしていた。しかし、その候補地選定の経緯をめぐって地元住民との間で衝突を生じ、それに学生運動が加わって激しい建設反対闘争が行われた。その結果、ハブ空港として十分な滑走路を保有することができず、空港着陸料が割高だったこともあり、東アジアのハブ空港の座を韓国のソウル仁川(じんせん/インチョン)国際空港に奪われている。[戸崎 肇]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ハブ‐くうこう ‥クウカウ【ハブ空港】
〘名〙 (ハブはhub) 世界各地からの航空路が集中し、乗客や貨物を目的地に中継する機能をもった、その地域の拠点となる空港。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハブ空港」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ハブ空港の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation