@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ハマスゲ【はますげ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ハマスゲ
はますげ / 浜菅
[学] Cyperus rotundus L.

カヤツリグサ科(APG分類:カヤツリグサ科)の多年草。茎は基部は球茎状に肥大し、高さ20~40センチメートル。葉は根生し幅2~6ミリメートル。海岸の砂地や日当りのよい砂質地に生え、関東地方以西の本州から沖縄、および世界の熱帯、亜熱帯に広く分布。名は、海浜に生えるスゲの意味である。長いストロン(走出枝)を伸ばして繁殖するため、畑や果樹園に発生すると駆除が困難である。芝生にも大きな害を与える。

[木下栄一郎 2019年7月19日]

薬用

地下のストロンの先端に生じた長さ2~3センチメートル、径1センチメートルの紡錘形の塊を、漢方では香附子(こうぶし)(古くは莎草根(しゃそうこん))と称して薬用とする。塊の表面は黒褐色で多くの細根をつけているが、それを火で焼いて調製する。質が堅く、香気のよいものを良品とする。キペレン、キペロールなどのセスキテルペンが主成分である。健胃、鎮痛、通経剤として消化不良、食欲不振、胃痛、腹痛、月経痛、月経不順、神経性頭痛などの治療に用いる。

[長沢元夫 2019年7月19日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハマスゲ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ハマスゲの関連情報

関連キーワード

APG分類体系アケビマツモ(沈水植物)イグサ科カエデカツラ科キンギョモナギイカダフウホザキノフサモ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation