@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ハマトビムシ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ハマトビムシ
sand hopper; beach flea; beach hopper
軟甲綱端脚目ハマトビムシ科 Talitridaeに属する種類の総称。体長 1cm内外。体は左右に扁平。頭部のほか,それぞれほぼ同大の 7胸節,6腹節からなる。2対の触角のうち第1触角は短い。満潮線付近の砂中にすむ種が多く,海岸に打ち上げられた海藻などにつくバクテリア(→細菌類)を食べる。全国各地の海岸で普通に見られるのはヒメハマトビムシ Platorchestia platensis で,腹肢で地面を強く蹴って敏速に飛び跳ねる。熱帯・亜熱帯地域には内陸の湿った落ち葉の下などにすむ種も多く,また山岳地帯にすむ種もいる。(→甲殻類節足動物端脚類軟甲類

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はまとびむし【ハマトビムシ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ハマトビムシ
はまとびむし / 浜跳虫
sand hopper
beach flea

節足動物門甲殻綱端脚(たんきゃく)目ハマトビムシ科Orchestidaeに属する動物の総称。森林中の湿地、池沼、海辺の砂中などにすむヒメハマトビムシOrchestia platensisや北海道沿岸に多いオオハマトビムシO. ochotensisがよく知られている。前種は体長1センチメートル前後で、数十センチメートルも跳びはねる。体は強く側扁(そくへん)され、頭部、7胸節、6腹節からなる。第1触角は著しく短く、第2触角の柄部末端に達しない。雄の第2顎脚(がっきゃく)は強大なはさみをもっている。オオハマトビムシは体長3センチメートルに達する。

[武田正倫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハマトビムシ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ハマトビムシの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation