@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ハム語族【はむごぞく】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ハム語族
はむごぞく
Hamitic

古代エジプト語(およびその最終段階であるコプト語)、北アフリカのベルベル語(あるいはリビア・ベルベル語)、エチオピアを中心としその周辺に分布するクシ諸語を総称してハム語族Hamiticとよぶ。なお、近年では、これにハウサ語を代表とするチャド諸語を加えるのが普通である。また、クシ諸語の一部を、オモ諸語として独立させる主張も強くなされている。ハムという名称は『旧約聖書』「創世記」に由来するもので、セム語族との親縁関係をもとにこのようによばれるようになった(ハムとセムはともにノアの子で、兄弟である)。しかし、先にあげたグループが、全体として明確に一つのハム語族なるものを形成しているというわけではない。むしろ、おのおのがセム語族と比較的近い関係にあり、分布領域もそれに接しているこれらのグループをまとめてハム「語族」とよぶのが実状である。

[柘植洋一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ハム‐ごぞく【ハム語族】
〘名〙 (ハムはHam) アフリカの北部、東部で話される、同族の諸言語の総称。古代エジプト語、コプト語、ベルベル語、クシ語、チャド語を含む。セム語族と合わせてセム‐ハム語族またはハム‐セム語族と呼ばれてきた。現在では、これらの諸語はアフロ‐アジア語族として扱われることが多い。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ハム語族
ハムごぞく
Hamites
ハム語系統の言語を話す民族
ハムとは,『旧約聖書』におけるノアの子で,エジプト人祖先とされる。セム語近親関係語族エジプトなど北東アフリカで用いられた言語。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ハム語族
ハムごぞく
アフロ=アジア語族」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハム語族」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ハム語族の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation