@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ハリモグラ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ハリモグラ
Tachyglossus aculeatus; echidna; spiny anteater
単孔目ハリモグラ科。体長 35~50cm,体重 5kg内外で,体は長さ 6cmぐらいの針状の毛でおおわれている。この針は中空で,普通は基部が黒くて先端は黄色,ときに全体が黄色のものもある。口は細長くとがり,舌も細長く,小昆虫類を捕食するのに適している。歯をもたない。雄の後肢には (けづめ) と毒腺がある。卵生の哺乳類として知られ,腹部には孵嚢があり,直径約 15mmほどの卵を1個その袋の中に産む。普通単独で生活し,日中は土中の穴,岩の割れ目などにひそみ,夕刻から夜間にかけて活動する。ニューギニア南東部,オーストラリア,タスマニア島に分布する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ハリモグラ
はりもぐら
common echidna
[学] Tachyglossus aculeatus

哺乳(ほにゅう)綱単孔目ハリモグラ科の動物。もっとも原始的な哺乳類で、カモノハシとともに卵生。ニューギニア島南東部、タスマニア島、オーストラリアに分布する。頭胴長35~50センチメートル、体重2.5~6キログラム、尾は痕跡(こんせき)的である。吻(ふん)は円筒形で細長くほとんどまっすぐで、長さは約5センチメートル、先端に鼻孔がある。舌は細長く、15~17センチメートルも口外へ伸ばすことができる。歯はない。体の上面と側面に長さ約6センチメートルの針状の毛が生えている。前後肢とも指は5本で、いずれも鉤(かぎ)づめがある。雄は後足の後方に、毒腺(どくせん)のあるけづめをもつ。体の上面の毛は黒または暗褐色、四肢と下面の毛は暗褐色または褐色である。

 岩石地、森林、山地、砂地に普通は単独で生活している。夜行性で、嗅覚(きゅうかく)が発達し、主食はアリとシロアリである。体温は恒温性であるが外気温に左右され、ほかの哺乳類よりも低い。繁殖期は年1回で、この時期になると、雌の腹部の中央が深くなって孵卵嚢(ふらんのう)ができる。はっきりした繁殖用の巣はつくらず、普通1個の卵を孵卵嚢の中に直接産んで温める。卵の直径は約1.5センチメートルで、殻は柔らかい。卵は7~10日で孵化する。孵化したときの子は無毛で、孵卵嚢内にある1対の房状の毛からにじみ出る乳をなめて大きくなる。肉がおいしいので、原住民は食用のためにとらえる。寿命は長く、49年飼育された記録がある。

 ハリモグラ科にはほかに、ニューギニア島の東部に分布するナガハシハリモグラ、西部のミユビハリモグラなど3種がある。

[中里竜二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハリモグラ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ハリモグラの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation